第15回日本エイズ学会学術集会・総会

The 15th Annual Congress of the Japanese Society for AIDS Research

   <プログラム>

         11月29日(木) 第1会場(さくらホール)                              

          09:20-09:30 開会の辞                       会長 木村 哲

          09:30-10:20 HAART1                       座長 山本 政弘

                                         001    関西HIV臨床カンファレンス参加施設における抗HIV薬の組み合わせ調査
                   ○桑原 健,角田 ちぬよ,日笠 聡,後藤 哲志,古西 満,有馬 靖佳,松浦 基夫,白阪 琢磨,上田 良弘
                   関西HIV臨床カンファレンス
                                         002    HAARTをCD4<200/μlで開始した例の1年後における治療効果の検討
                   ○今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功
                   都立駒込病院感染症科
                                         003    当院においてHAART療法を開始した症例についての検討
                   ○白阪 琢磨1,上平 朝子1,吉野 宗広2,藤 純一郎1,南 幸子3,織田 幸子3,桑原 健2
                   1国立大阪病院内科, 2国立大阪病院薬剤部, 3国立大阪病院看護部
                                         004    1997から1998年に初診受診したHIV感染者におけるHAART導入とその後の経過に
                関する研究
                   ○味澤 篤1,今村 顕史1,根岸 昌功1,増田 剛太2,貞升 健志3,関根 大正3
                   1東京都立駒込病院感染症科, 2東京都立清瀬小児病院, 3東京都衛生研究所ウイルス研究科
                                         005    HIV感染血液凝固異常症例の2000年度調査におけるCD4+細胞数およびRNAコピー数と
                治療薬剤との関係
                   ○瀧 正志1,立浪 忍2,福武 勝幸3,白幡 聡4,山田 兼雄5
                   1聖マリアンナ医科大学医学部小児科, 2聖マリアンナ医科大学医学部附属研究施設,
                   3東京医科大学臨床検査医学,4産業医科大学小児科, 5聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター

                                       10:20-11:10 HAART2                     座長 味澤 篤
   
                                     006P Lopinavir/ritonavir(カレトラ)の短期成績
                   ○立川 夏夫,菊池 嘉,照屋 勝治,源河 いくみ,中島 由紀子,矢崎 博久,砂川 恵伸,安岡彰,岡 慎一,木村 哲
                   国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
                                        007    エファビレンツが投与され1年以上経過の追えた症例についての検討
                   ○源河 いくみ,田沼 順子,石崎 有澄美,山中 ひかる,中島 由紀子,川田 真幹,矢崎 博久,砂川 恵伸,
                   照屋 勝治,立川 夏夫,菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲
                   国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
                                        008 非ヌクレオシド核酸系逆転写酵素阻害剤の使用例における耐性獲得についての臨床的検討
                   ○上平 朝子1,藤 純一郎1,吉野 宗広2,木本 美和3,織田 幸子4,桑原 健2,白阪 琢磨1
                   1国立大阪病院内科, 2国立大阪病院薬剤部, 3国立大阪病院臨床研究部, 4国立大阪病院看護部
                                        009 多剤耐性HIVに対する薬剤変更の効果
                   ○中村 仁美1,三浦 聡之1,中村 哲也2,杉浦 亙3,岩本 愛吉1 
                   1東京大学医科学研究所先端医療研究センター感染症分野, 2東京大学医科学研究所感染免疫内科,
                   3国立感染症研究所エイズ研究センター
                                        010 ZDV投与群とd4T投与群の治療成績からみた服薬指導
                   ○長岡 宏一,伊藤 洋貴,大木 剛,内海 眞
                   国立名古屋病院

                                       11:10-11:50 抗ウイルス薬副作用1                座長 三間屋 純一

                                        011 当科でのリポジストロフィ−症例の現状
                   ○古西 満,善本 英一郎,高橋 賢,坂本 正洋,三笠 桂一
                   奈良県立医科大学第2内科
                                        012 プロテアーゼ阻害剤に関連した高脂血症の臨床的検討
                   ○照屋 勝治,川田 真幹,石崎 有澄美,砂川 恵伸,中島 由紀子,矢崎 博久,源河 いくみ,立川 夏夫,
                   菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲
                   国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
                                        013 腎機能低下とPI剤によるシンバスタチン濃度高値が原因と考えられた横紋筋融解症の一例
                   ○茂呂 寛1,塚田 弘樹1,斉藤 博2
                   1新潟大学医学部第二内科,2長野赤十字病院第一内科
                                        014P 当院における高乳酸血症の現状と乳酸アシドーシスの1例
                   ○藤 純一郎,上平 朝子,白阪 琢磨
                   国立大阪病院免疫感染症科

                                       11:50-12:30 抗ウイルス薬副作用2                座長 西田 恭治

                                        015 核酸系逆転写酵素阻害剤を含んだHAART治療中に高乳酸血症を来した7例の検討
                       ○矢崎 博久,中島 由紀子,川田 真幹,石崎 有澄美,砂川 恵伸,源河 いくみ,照屋 勝治,立川 夏夫,
                   菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲
                   国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター
                                        016 EFVによる自殺企図を呈し中止後短期間にEFV耐性を獲得した1症例
                   ○倉井 大輔,今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功
                   東京都立駒込病院
                                        017 エファビレンツによる精神状態への影響調査
                   ○赤穂 理絵1,有馬 美奈2,味澤 篤2,根岸 昌功2,今村 顕史2
                   1東京都立駒込病院神経科,2東京都立駒込病院感染症科
                                        018 AZT/3TC/IDV、d4T/ddI/NFV治療中、共に著明な高ビリルビン血症をきたした一例
                   ○上田 良弘1,川勝 俊宏1,山下 博民2
                   1関西医科大学附属洛西ニュータウン病院内科,2関西医科大学附属洛西ニュータウン病院薬剤部

                                      13:30-14:30 招待講演1                            
              「HIV and lymphocyte dynamics and implications for therapy」
                   David D. Ho (Aaron Diamond AIDS Research Center, USA)
                   座長:東京大学医学部附属病院感染症内科    木村 哲

                                      14:30-15:30 総 会                       日本エイズ学会

                                      15:30-17:30 シンポジウム1 治療効果を高める行動支援(看護)         
                   座長:厚生労働省医政局総務課医療安全推進室              石原 美和
                      東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻  数間 恵子

             S1-1 生活を重視した抗HIV療法への取り組み 
                   具  芳明(長野県厚生連佐久総合病院 内科)
             S1-2 服薬アドヒアランスの形成支援
                   本道 和子(東京都立保健科学大学 看護学科)
             S1-3 アドヒアランスを高める行動支援の取り組み
                   渡辺  恵(国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター) 
             S1-4 服薬援助のための基礎的調査−抗HIV薬の組合わせ調査(2001年)−
                   日笠  聡(関西HIV臨床カンファレンス) 
             S1-5 服薬指導の充実を求めて−入院中からの生活パターンの確立を求めて−
                   上野 政子(東京医科大学霞ケ浦病院 感染症病棟)       

                                       18:00-19:30 サテライトシンポジウム1 (ニチオン)                     
             SS1 「A voice from behind the needlestick statistics;
                針刺し事故によりHIVに感染したナースからのメッセージ」
                    Lisa Black
                   座長:済生会福岡総合病院麻酔科部長・職業感染制御研究会 松田和久


         11月29日(木) 第2会場(つつじホール)                              

          09:30-10:00 在日外国人                      座長 五島 真理為

           019P 外国籍患者の支援のあり方を考える−医療機関と医療外機関との連携−
                   ○菊池 恵美子1,橋口 桂子2,内海 眞3
                   1財団法人 エイズ予防財団(国立名古屋病院),2国立名古屋病院,3国立名古屋病院
           020P 外国人HIV/AIDS患者支援通訳養成セミナーの開催意義
                   ○宇野 賀津子1,沢田 貴志2,内海 眞3,菊地 恵美子3,鬼塚 哲郎4,岩木 エリーザ5,吉崎 和幸6
                   1ルイ・パストゥール医学研究センター,2港町診療所,3国立名古屋病院,4京都産業大学, 5CRIATIVOS,
                   6大阪大学健康体育部
           021P 在日外国人HIV診療におけるMSWの役割に関する調査
                   ○野村 由華1,沢田 貴志2,石川 陽子1,若井 晋1
                   1東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学講座,2神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所

          10:00-10:50 プライバシー/人権                 座長 山中 京子
         
           022P 都内の拠点病院に通院するHIV陽性者の就労とプライバシー調査(1)
               −就労継続に関する諸要因の考察−
                   ○生島 嗣1,池上 千寿子1,野坂 祐子2,牧原 信也1
                   1特定非営利活動法人 ぷれいす東京,2お茶の水女子大学大学院
           023P 都立の拠点病院に通院するHIV陽性者の就労とプライバシー(2)
               −その不安の要因について−
                   ○牧原 信也1、野坂 祐子2,池上 千寿子1,生島 嗣1
                   1特定非営利活動法人 ぷれいす東京,2お茶の水女子大学大学院
           024 都立の拠点病院に通院するHIV陽性者の就労とプライバシー(3)
               −自由記述からみる就労への期待と困難−
                   ○野坂 祐子1,池上 千寿子2,生島 嗣2,牧原 信也2
                   1お茶の水女子大学大学院,2特定非営利活動法人 ぷれいす東京
           025 HIV感染者の身体障害者手帳申請等にかかわる市町村福祉担当者の意識調査に関する考察
                   ○山下 美津江1,辻 典子2,河村 洋一3,佐藤 功4
                   1石川県立中央病院医療相談室,2石川県立中央病院HIV事務室,3石川県立中央病院内科,4国立仙台病院内科
           026P HIV感染者・AIDS患者の人権に関わる現状の二次調査
                   ○今村 顕史1,大洞 知里2,樽井 正義3
                   1都立駒込病院感染症科,2樽井研究室,3慶應義塾大学文学部

          10:50-11:40 カウンセリング                   座長 兒玉 憲一

           027P ブロック拠点病院と派遣事業のカウンセリング体制:現状と今後の方向性
                   ○矢永 由里子1,古谷野 淳子2,高田 知恵子3,仲倉 高広4,加瀬 まゆみ5,田上 恭子6,島 典子7,
                   山下 美津江8,菊池 恵美子9,喜花 伸子10
                   1国立病院九州医療センター,2大阪府感染症・難病対策課,3群馬社会福祉短期大学,4京都府健康対策課,
                   5北海道大学医学部附属病院,6国立仙台病院,7新潟大学医学部附属病院,8県立石川病院,9国立名古屋病院
                   10広島大学医学部附属病院
           028 国立大阪病院でのHIV医療におけるカウンセリングの2年間の実施状況について
                   ○仲倉 高広
                   京都市子育て支援総合センター こどもみらい館
           029 HIVカウンセラーの存在認知と利用経験に関する研究-HIV感染者へのアンケート調査より-
                   ○山中 京子1,松本 智子2,高田 知恵子3
                   1大阪府立大学社会福祉学部,2慶応大学医学部精神神経科教室,東京都衛生局医療福祉部感染対策課,
                   3群馬社会福祉短期大学社会福祉学科
           030 HIV感染者・家族に対する訪問栄養指導・カウンセリングの取り組み 
               その3 HIV感染者の食事・栄養支援についてのニーズ把握
                   ○木下 ゆり1,東 祐子1,五島 真理為1,新庄 文明2
                   1HIVと人権・情報センター,2長崎大学歯学部
           031 薬害HIV感染被害者遺族の問題とサポートのあり方に関するパイロットスタディ
                   ○井上 洋士,石田 久江,江口 洋子,大平 勝美,小澤 温,川村 統,金 喜朝,熊谷 たまき,坂本 加代子,
                   清水 勉,瀬戸 信一郎,仁科 豊,花井 十伍,坂野 進,藤原 良次,丸山 由香,森戸 克則,山崎 喜比古,山西 美明
                   薬害HIV感染被害者(遺族)生活被害実態調査委員会

          11:40-12:30 疫学                          座長 橋本 修二

           032 HIV感染の地理的拡大把握におけるサ−ベイランス情報の意義
                   ○中瀬 克己1,中谷 友樹2,小坂 健3,岡部 信彦3
                   1岡山市保健所,2立命館大学文学部地理学科,3国立感染症研究所感染症情報センター
           033 HIV感染症の空間的拡散と感染チャンネル−異性間感染の推定感染地の地域差−
                   ○中谷 友樹1,中瀬 克己3,小坂 健2,岡部 信彦2
                   1立命館大学文学部地理学科,2国立感染症研究所感染症情報センター,3岡山市保健所
           034 国立医療機関9施設を受診したHIV-1感染者のサブタイプ
                   ○佐藤 紘二1,永井 英明2,内海 眞3,斎藤 厚4,中尾 隆介5,藤 純一郎6,源河 いくみ7,福田 潔8
                   1国立療養所熊本南病院内科,2国立療養所東京病院,3国立名古屋病院,4琉球大学医学部第一内科,
                   5国立病院九州医療センター,6国立大阪病院,7国立国際医療センター,8国立霞ヶ浦病院
           035 マダガスカルにおける輸血関連ウイルスに関する疫学的調査
                   ○坂本 優子1,高浜 洋一2,吉原 なみ子1
                   1国立感染症研究所エイズ研究センター,2シスメックス株式会社開発本部開発企画室
           036P インドにおけるHIV初感染未治療患者にみられた薬剤耐性関連遺伝子の出現
                   ○山本 直彦1,森下 高行2,佐籐 克彦2,金田 次弘3,伊部 史朗3
                   1名古屋大学大学院医学研究科国際保健医療学,2愛知県衛生研究所微生物部,3国立名古屋病院臨床研究部

          15:30-17:30 シンポジウム2 肝炎の治療(臨床)                
                 座長:東京大学大学院医学系研究科 感染症内科 小池 和彦
                    東京医科大学臨床病理学教室 福武 勝幸

           S2-1  ウイルス肝炎の治療                  
                   小池 和彦(東京大学大学院医学系研究科 感染症内科)
           S2-2  HIV感染慢性C型肝炎の治療     
                   萩原   剛(東京医大学臨床検査医学講座)
           S2-追加 追加発言.HIV肝移植の背景    
                   立川 夏夫(国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター)
           S2-3  HIV感染C型肝硬変に対する成人生体肝移植(1.移植手術について)  
                   菅原 寧彦(東大人工臓器移植外科)
           S2-4  HIV感染C型肝硬変に対する成人生体肝移植(2.術中凝固系の管理)
                   奥川   周(東京大学大学院医学系研究科 感染症内科)
           S2-5  HIV感染C型肝硬変に対する成人生体肝移植(3.肝移植後のC型肝炎治療) 
                   塚田 訓久(東京大学大学院医学系研究科 感染症内科)

          18:00-19:30 サテライトシンポジウム2 (シェリング・プラウ)                     
              「C型肝炎・肝硬変の新しい治療戦略」
                   座長:東京大学大学院医学系研究科 感染症内科 小池 和彦

           SS2-1 進行したC型慢性肝炎、肝硬変の治療戦略       
                   鈴木 文孝(虎の門病院 消化器科)
           SS2-2 C型慢性肝炎の新しい治療戦略        
                   飯野 四郎(聖マリアンナ医科大学 消化器肝臓内科)


         11月29日(木) 第3会場(飛鳥ホール)                               

          09:30-10:20 合併症1                       座長 上田 良弘

           037 血友病患者のプロテアーゼ阻害剤服用に関連した血液製剤輸注量調査
                   ○大金 美和1,大野 稔子2,菅原 美花3,内山 正子4,山下 郁江5,橋口 桂子6,織田 幸子7,城崎 真弓8,
                         岡 慎一1,木村 哲1
                   1国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター,2北海道大学医学部附属病院,
                   3国立仙台病院,4新潟大学医学部附属病院,5石川県立中央病院,6国立名古屋病院,7国立大阪病院,
                   8国立病院九州医療センター
           038 持続する発熱と肝脾腫を呈し、リンパ節生検から診断に至ったHIV感染症の1乳児例
                   ○西村 裕1,畝井 和彦1,上田 晴雄1,上田 一博1,藤井 輝久2,高田 昇2,藤田 直人3
                   1広島大学医学部小児科,2広島大学医学部附属病院輸血部,3広島赤十字原爆病院小児科
           039 特発生血小板減少症を合併したAIDSの一例
                   ○岡本 幸春1,山縣 俊之1,阪口 臨2,片山 紀文2,津田 忠昭2,大田 喜一郎2
                   1和歌山県立医科大学 集学的治療・緩和ケア部,2和歌山県立医科大学 輸血・血液疾患治療部
           040 重症筋無力症を合併したHIV-1感染症の一例
                   ○糸山 智1,森澤 雄司1,太田 康男1,小池 和彦1,東原 真奈2,金子 直2,平川 美菜子2,森田 大児2,
                   楠 進2,宇川 義一2,郭 伸2,木村 哲1,金澤 一郎2
                   1東京大学医学部附属病院感染症内科,2東京大学医学部附属病院神経内科
           041 HIV-1 感染症に合併した抗ガングリオシド抗体陽性の Guillain-Barre 症候群の一例
                   ○岩田 信恵1,山道 正毅1,林 俊宏1,楠 進1,桜井 正樹1,金澤 一郎1,森澤 雄司2,木村 哲2
                   1東京大学医学部附属病院神経内科,2東京大学医学部附属病院感染症内科

          10:20-11:10 合併症2                       座長 花房 秀次

           042 HIV感染症と乾燥症候群
                   ○山本 政弘1,中尾 隆介1,宮村 知也1,末松 栄一1,樋口 勝規2
                   1国立病院九州医療センター感染症対策室・内科・臨床研究部,2国立病院九州医療センター歯科口腔外科
           043 免疫再構成症候群のため治療に苦慮したエイズ合併M.kansasii症の1例
                   ○矢原 青,尾上 志保,倉井 大輔,森 雅江,今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功
                   東京都立駒込病院感染症科
           044 パートナー検査にて無症状で発見されたHIV感染初期の1例
                   ○坂本 光男1,相楽 裕子1,宇宿 秀三2,野口 有三2,近藤 真規子3,今井 光信3
                   1横浜市立市民病院感染症部,2横浜市衛生研究所,3神奈川県衛生研究所
           045 HIV腎症が疑われたAIDS症例
                   ○佐中 隆1,後藤 守孝1,合地 研吾2,川杉 和夫1,松田 重三1
                   1帝京大学医学部内科学講座,2賛育会病院内科
           046 ステロイド難治性のHIV感染症合併紫斑病性腎炎にHAARTが奏効した一例
                   ○山中 晃1,佐々木 昭仁1,藤田 進1,守谷 研二1,萩原 剛1,西田 恭治1,山元 泰之1,福武 勝幸1
                   1東京医科大学臨床検査医学科,2東京医科大学臨床検査医学科

          11:10-11:30 合併肝炎                       座長 高松 純樹

           047P HIV感染者の肝炎対策
                   ○花房 秀次1,太田 みお1,田上 尚道1,加藤 真吾2
                   1荻窪病院血液科,2慶應義塾大学微生物
           048 HIV/HCVに重複感染した血友病患者の臨床的検討
                   ○中村 昌徳,寺島 慶太,高嶋 能文,天野 功二,堀越 泰雄,三間屋 純一
                   静岡県立こども病院血液腫瘍科

          11:30-12:10 抗HIV療法その他                  座長 松田 重三

           049P 日本におけるESPRIT(IL−2国際臨床治験)
                   ○菊池 嘉,矢崎 博久,川田 真幹,中島 由紀子,石崎 有澄美,砂川 恵伸,照屋 勝治,源河 いくみ,
                   立川 夏夫,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲
                   国立国際医療センター
           050 HIV感染者およびAIDS患者に対するグリチルリチン(グリチロン錠)投与
                   ○石川 晃一1,William Ampofo2,Jim Brandful2,伊藤 正彦3,山本 直樹4
                   1国立感染症研究所エイズ研究センター,2ガーナ野口記念医学研究所,3山梨医大微生物,
                   4東京医科歯科大微生物
           051 低用量zidovudineを用いた抗HIV療法の有用性の検討
                   ○酒井 道生,白幡 聡
                   産業医科大学小児科
           052 HAART療法導入後のQOLと薬剤変更に関する検討
                   ○山田 治1,三宅 晴美2,中桐 逸博3
                   1川崎医科大学附属病院血液内科,2川崎医科大学附属病院看護部,3川崎医科大学附属病院輸血部

          12:30-13:30 ランチョンセミナー1 (ブリストル製薬)                 
           L1 「HIV nucleoside analogues and lactic acidemia」
                   Andrew Carr 
                   (HIV,Immunology, and Infectious Diseases,Clinical Services Unit, St Vincent's Hospital, Australia)
                   座長:熊本大学エイズ学研究センター 病態制御分野 松下 修三

          15:30-17:30 シンポジウム3 免疫応答(基礎)                
                   座長:東京都医科歯科大学医学部免疫治療学 神奈木 真理
                   日本医科大学微生物学免疫学教室     高橋 秀実

           S3-1 ウイルス感染免疫における樹状細胞の役割 
                   稲葉 カヨ(京都大学大学院生命科学研究科生体応答学分野)
           S3-2 ヒト末梢血単核球移植スキッドマウスを用いたHIV-1感染モデルの確立と
                  HIV-1感染免疫応答の誘導 
                   田中 勇悦(琉球大学医学部附属沖縄・アジア医学研究センター 感染免疫学研究分野)
           S3-3 HIV-1感染によって引き起こされる樹状細胞の性状変化
                   森田 林平(京都大学大学院医学研究科血液病態学) 
           S3-4 HIV感染者におけるHIV特異的免疫応答        
                   中村 哲也(東京大学医科学研究所附属病院 感染免疫内科)
           S3-5 HAART療法前後の抗HIV-1中和抗体   
                   木村 哲也(熊本大学エイズ学研究センター病態制御分野)

          18:00-19:30 サテライトシンポジウム3 (グラクソ・スミスクライン)             
           SS3 「HIV感染症−治療の手引き−」
                   座長:熊本大学医学部 感染免疫診療部 免疫病態学・内科学第二 満屋 裕明
                   白阪 琢磨(国立大阪病院 臨床研究部 ウイルス研究室)


         11月29日(木) 第4会場(第1研修室)                               

          09:30-10:30 ウイルス1                      座長 足立 昭夫

           053 EGFP発現HIV-1 molecular clonesの応用について
                   ○稲垣 好雄1,三浦 義治2,小柳 義夫3,山岡 昇司1,山本 直樹1
                   1東京医科歯科大学医歯学総合研究科ウイルス制御学講座,
                   2東京医科歯科大学医歯学総合研究科脳神経機能病態学講座,3東北大学医学系研究科微生物学分野
           054 CCR5 (HIV-1 Coreceptor)のpromoter活性を調節する新たなcis-elementsの同定
                   ○森内 昌子,森内 浩幸
                   長崎大学大学院医学研究科 新興感染症病態制御学系
           055 感染個体内におけるHIV-1 RNA-DNA hybridの生物学的役割
                   ○田上 尚道1,齊藤 有紀2,田中 理恵2,花房 秀次1,加藤 真吾2
                   1荻窪病院血液科,2慶應義塾大学微生物学・免疫学教室
           056P 異種細胞におけるHIV-1アッセンブリー阻害の解析
                   ○小糸 厚,重兼 弘法,松下 修三
                   熊本大学エイズ学研究センター病態制御
           057 HIV-1粒子内RNAのパッケージング及び二量体化に関する解析
                   ○櫻木 淳一,塩田 達雄
                   大阪大学微生物病研究所ウイルス感染制御分野
           058 ProteomicsによるHIV-1ウイルス粒子内タンパク質の解明
                   ○渕上 貴司,三隅 将吾,高宗 暢暁,庄司 省三
                   熊本大学薬学部生化学研究室

          10:30-11:30 ウイルス2                      座長 原田 信志

           059P HIV-1 Rev蛋白依存性ウイルスgag mRNA核外輸送系と
               イントロンレス mRNA核外輸送系との機能的相関
                   ○木村 富紀,西川 正雄,橋本 岩雄,藤澤 順一
                   関西医科大学微生物学講座
           060 増殖性の異なるHIV-1 Vif変異体の系統的な作製
                   ○藤田 美歌子,櫻井 明子,宮浦 麻記,吉田 亜希子,足立 昭夫
                   徳島大学医学部ウイルス学教室
           061 HIV-1vpr遺伝子産物の機能発現メカニズムに関する研究
                   ○上野 孝治,田中 正和,酒井 博幸
                   京都大学ウイルス研究所
           062P Vprの核移行に関与する核移行関連分子の解析
                   ○蒲田 政和,間 陽子
                   理化学研究所・分子細胞生物学研究室
           063 T細胞株におけるHIV-2 VpxとVprの機能解析
                   ○藤田 美歌子,宮浦 麻記,吉田 亜希子,櫻井 明子,足立 昭夫
                   徳島大学医学部ウイルス学教室
           064 SIV Gag CAの一部を持つハイブリッドHIV-1の構築
                   ○藤田 美歌子,吉田 亜希子,宮浦 麻記,櫻井 明子,足立 昭夫
                   徳島大学医学部ウイルス学教室

          11:30-12:30 病態1                         座長 森内 浩幸

           065 Residual replication の新しい指標
                         −高感度プロウイルスDNA(pDNA)の定量と細胞ターンオーバーの測定−
                   ○吉村 和久,木村 哲也,西原 久美子,松下 修三
                   熊本大学エイズ学研究センター病態制御分野
           066P HIV感染後長期間HIV抗体価が低レベルで推移した感染者におけるHIV遺伝子の解析
                   ○近藤 真規子1,嶋 貴子1,斎藤 隆行1,加藤 雄二2,岩室 紳也2,岡部 武史2,今井 光信1
                   1神奈川県衛生研究所ウイルス部,2神奈川県立厚木病院
           067 Emergence of autologous neutralization resistant variants from pre-existing 
              quasispecies during viral-rebound of HIV-1 infected patients undergoing HAART
                   ○王 鳳香,木村 哲也,吉村 和久,小糸 厚,松下 修三
                   熊本大学エイズ学研究センター病態制御分野
           068 HIV感染者における血清IgE値の検討−ウイルス分離との関連について−
                   ○善本 英一郎1,古西 満1,高橋 賢1,坂本 正洋1,三笠 桂一1,森 治代2,大竹 徹2
                   1奈良県立医科大学第二内科,2大阪府立公衆衛生研究所病理課
           069 CMV網膜炎発症エイズ患者におけるHAARTによる免疫再構築後のCMV特異的CD4+T細胞
                 の反応性
                   ○田中 真理,平林 義弘,岡 慎一
                   国立国際医療センター エイズ治療 研究開発センター
           070 小児エイズ剖検リンパ節の病理学的解析
                   ○中島 典子1,Petronela IONESCU2,佐藤 由子1,秋山 ひと美1,佐多 徹太郎1
                   1国立感染症研究所感染病理部,
                   2Dr. Victor Babes Hospital for Infectious Diseases and Tropical Medicine

          15:30-17:30 シンポジウム4 感染と増殖(基礎)                
                   座長:東京医科歯科大学微生物学教室 山本 直樹
                   名古屋市立大学医学部分子遺伝 岡本  尚

           S4-1 HIV感染症に関わる宿主因子    
                   塩田 達雄(大阪大学微生物病研究所ウイルス感染制御分野)
           S4-2 エイズ脳症モデルマウスの確立と神経細胞死のシグナルの解明
                   小柳 義夫(東北大学大学院医学系研究科・医学部生体防御)
           S4-3 Inter-regulation of HIV and HHV-8 replication by interleukin-6 in AIDS
                   Jian Song(大阪大学健康体育部健康医学第1部門)
           S4-4 新規NF-kB阻害因子RAIによるHIV増殖抑制機構 
                   高田 統夫(名古屋市立大学分子医学研究所分子遺伝部門)
           S4-5 HIV-1 発芽機構に関与するウイルス及び宿主因子    
                   上野 智規(国立感染研究所感染病理部)

          17:30-19:30 特別サテライトシンポジウム (New York HIV研修連絡会議/イナダ-ラングエイズ研究財団(ILFAR)
                                                                                                                               イナダ-ラングエイズ研究財団−日本支部(ILFAR-Japan))                     
              「アメリカ/アフリカ−南北エイズ事情:今何を?」
                   座長:国立名古屋病院血液内科 内海 眞

           特別SS1 「ケニヤメディカルキャンプに内科医として参加して」:現状報告と今後の課題
                   宮城島拓人(釧路労災病院 内科)
                   共同演者:内海  眞(国立名古屋病院 血液内科)
           特別SS2 「ケニヤメディカルキャンプにボランティアとして参加して」
                   中小路太志(ILFAR-Japan プログラムコーディネーター)
           特別SS3 「Introduction of Directly Observed Therapy (DOT) to HAART」
                   稲田頼太郎(コロムビア大学附属St.Lukeユs-Roosevelt病院)


         11月29日(木) 第5会場(第2研修室)                               

          09:30-10:10 医療体制1                     座長 吉崎 和幸

           071 近畿地方の一般医療機関におけるHIV診療に関する認識調査
                   ○若生 治友1,有馬 靖佳2,上田 良弘3,上平 朝子4,岡本 幸春5,後藤 哲志6,古西 満7,藤 純一郎4,
                   外川 正生8,日笠 聡9,藤山 佳秀10,前田 憲昭11,松浦 基夫12,白阪 琢磨4
                   1国立大阪病院臨床研究部,2大阪赤十字病院内科,3関西医科大学附属洛西ニュータウン病院内科,
                   4国立大阪病院免疫感染症科,5和歌山県立医科大学附属病院輸血部,
                   6大阪市立総合医療センター感染症センター,7奈良県立医科大学第2内科,
                   8大阪市立総合医療センター小児内科,9兵庫医科大学第2内科,10滋賀医科大学第2内科,
                   11医療法人社団皓歯会,12市立堺病院内科
           072 広島県内の病院におけるHIV医療体制の実態と拠点病院整備前後の変化 
                −第2回病院実態調査から−
                   ○小田 健司1,桑原 正雄2,高田 昇3,吉田 哲也4
                   1社会保険広島市民病院、広島県地域保健対策協議会HIV専門委員会,
                   2県立広島病院総合診療科/呼吸器内科、広島県地域保健対策協議会HIV専門委員会,
                   3広島大学医学部付属病院輸血部、広島県地域保健対策協議会HIV専門委員会,
                   4広島大学医学部細菌学教室、広島県地域保健対策協議会HIV専門委員会
           073 広島県内の診療所におけるHIV医療体制の実態と拠点病院整備前後の変化
                                                       −第2回診療所実態調査から−
                   ○桑原 正雄1,小田 健司2,高田 昇3,吉田 哲也4
                   1広島県地域保健対策協議会HIV感染症専門委員会、県立広島病院総合診療科,
                   2社会保険広島市民病院健康管理センター・内科,
                   3広島大学医学部附属病院輸血部,4広島大学医学部細菌学教室
           074 HIV/AIDS関連サーベイランスの国際比較
                   ○木原 正博1,鎌倉 光宏2,市川 誠一3,橋本 修二4,木原 雅子5
                   1京都大学大学院医学研究科健康医学系専攻国際保健学講座,
                   2慶応義塾大学看護医療学部,3神奈川県立衛生短期大学衛生技術科,
                   4東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻,5広島大学医学部公衆衛生学講座

          10:10-10:40 医療体制2                      座長 白阪 琢磨

           075 チーム医療における医療専門職者の関わりに対する患者の評価
                   ○前田 ひとみ1,南家 貴美代2,石原 美和3,大野 稔子4,織田 幸子5,橋口 桂子6,日比生 かおる6
                   1宮崎医科大学医学部看護学科,2熊本大学医療技術短期大学部,3元国立国際医療センター,
                   4北海道大学医学部附属病院,5国立大阪病院,6国立名古屋病院
           076 国立名古屋病院におけるHIVチーム医療上の問題点とその解決方法/
                患者情報記録用紙の修正を行って
                   ○日比生 かおる,伊藤 由子
                   国立名古屋病院
           077P 海外をモデルとしたHIV感染症の医療体制の確立に関する研究
                   ○高西 優子1,木村 和子1,池上 千寿子2,石原 美和3,桜井 賢樹4,澤田 貴志5,高田 昇6,林 素子7,
                   圓山 誓信8,白阪 琢磨9
                   1金沢大学大学院自然科学研究科 国際保健薬学研究室,2ぷれいす東京,3国立国際医療センターACC,
                   4財団法人エイズ予防財団,5国際保健協力市民の会(シェア),6広島大学医学部附属病院輸血部,
                   7インテムコンサルティング(株),8大阪府吹田保健所,9国立大阪病院臨床研究部ウイルス研究室

          10:40-11:40 看護1                         座長 村上 未知子

           078 HIV感染告知後の患者の心因反応の違いについて知る。
                −インタビューを元に、実態調査をする−
                   ○柳田 真純,武田 明子,仁科 紀香,窪田 志穂
                   国立国際医療センター 5階南病棟
           079 HIVに関連した悪性リンパ腫の看護
                   ○有馬 美奈,味澤 篤
                   都立駒込病院
           080 バーキットリンパ腫を発症したHIV感染症の一例
                   ○伊藤 美千代
                   都立駒込病院
           081 HIVに母子感染した小児の看護を通して
                   ○早坂 美樹,畑中 祐子,川端 和代,鮎川 志保
                   国立国際医療センター
           082 慢性肝炎の治療開始に影響するHIV感染者側の要因
                   ○太田 みお,田浦 ひろみ,和田 育子,小島 賢一,花房 秀次
                   荻窪病院血液科
           083 HIV感染者への性行動指導に関する研究
                   ○小谷 優子,内田 順子,大堀 恵美
                   横浜市立市民病院看護部

          11:40-12:20 看護2                         座長 織田 幸子

           084 HIV感染症の外来看護体制の評価と今後の課題
                   ○光村 真弓,有馬 美奈
                   都立駒込病院
           085 受診予定日に来院しないHIV陽性患者の検討
                   ○服部 久恵,石坂 美千代,中村 正美
                   国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
           086P HIV/AIDS患者における受診継続の要因に関する研究
                   ○池田 和子1,大金 美和1,伊藤 将子2,大平 幸乃2,本道 和子3,渡辺 惠1,岡 慎一1,木村 哲1
                   1国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター,2エイズ予防財団,3東京都立保健科学大学
           087 保健婦との連携によるAIDS発症者の在宅介護支援導入について
                   ○南 幸子1,織田 幸子1,繁浦 洋子1,籐 純一郎2
                   1国立大阪病院(看護部),2国立大阪病院 免疫感染症科

          12:30-13:30 ランチョンセミナー2 (セローノ・ジャパン)                
           L2 「AIDS wasting and body composition measurement; 
              Infectious disease specialist's perspective」
                   Bruce Polsky (Department of Medicine, Division of Infectious Diseases, 
                          St. Luke's-Roosevelt Hospital Center, USA)
                   座長:国立名古屋病院 第6内科 山中 克郎

          15:30-17:30 シンポジウム5 在日外国人の医療(社会)             
                   座長:神奈川県勤労者医療生活共同組合港町診療所 沢田 貴志
                   東京大学医学部国際地域保健学教室     若井  晋

           S5-1 ブラジルのエイズ治療(治療薬の無料保証とジェネリック薬の製造)
                   小貫 大輔(CRI-チルドレンズ・リソース・インターナショナル)  
           S5-2 南アフリカのHIV/エイズと医薬品入手問題
                   林 史子(国境なき医師団日本事務所)
           S5-3 医療費の点から見た在日外国人HIV診療の今後
                   奥村 順子(東京大学大学院医学系研究科)
           S5-4 感染者支援の立場から見たタイ国のHIV医療の現状
                   枝木 美香(HIV/AIDS:在日外国人支援ネットワーク)

          17:30-19:30 サテライトシンポジウム4 (東京HIV診療ネットワーク)           
           SS4 「口腔内・歯科診療の現状」
                   小森 康雄(東京歯科大学口腔外科)
                   今村 顕史(東京都立駒込病院感染症科)
                   鈴木 治仁(東京HIVデンタルネットワーク・クリニック経営)
                   池田 京子(東京ガス人事部 健康開発センター・歯科衛生士)
                   松本 宏之(東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第三講座)
                   座長:東京歯科大学水道橋病院口腔外科            柿澤 卓
                      東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第三講座  松本 宏之
                      東京HIV診療ネットワーク         根岸 昌功


         11月29日(木) 第6会場(802会議室)                               

          09:30-10:30 病態2                          座長 佐野 浩一

           088P HIV-1 臨床分離株間の PBMC におけるアポトーシス誘導能の違い
                   ○河本 聡志1,木ノ本 正信1,白神 未来1,大竹 徹2,大石 功2,生田 和良1
                   1大阪大学微生物病研究所ウイルス免疫分野,2大阪府立公衆衛生研究所公衆衛生部病理課
           089 恙虫病リケッチア感染の刺激によるin vitroでのHIV-1感染の活性化
                   ○森内 浩幸,森内 昌子
                   長崎大学大学院医学研究科 新興感染症病態制御学系
           090 In vivo で観察されるカポジ肉腫の病原性と血管内皮細胞増殖因子VEGFとの相関性
                   ○林 琢磨
                   ハーバード大学医学部付属マサチューセッツ総合病院
           091 中枢神経指向性 SIV のマクロファージ感染性と遺伝子解析
                   ○小松原 博文1,菊池 俊彦1,佐多 徹太郎3,松田 基夫2,宇田 晶彦1,向井 鐐三郎1
                   1感染研霊長類センター,2麻布大学,3感染研・感染病理
           092 アカゲザルマクロファージにおけるSHIV感染とCD40L刺激によるウイルス増殖抑制
                   ○榎瀬 良美,三宅 在子,伊吹 謙太郎,速水 正憲
                   京都大学ウイルス研究所感染病態研究領域
           093 HIV-1感染後におけるN-myristoyltransferase(NMT)の発現変動と
                NMTのウィルス性タンパク質における基質特異性の検討
                   ○濱田 寛尚,三隅 将吾,高宗 暢暁,庄司 省三*
                   熊本大学薬学部生化学研究室

          10:30-11:20 HIV治療/分子疫学他               座長 武部 豊

           094 ミャンマーにおけるHIV-1流行形成に関わる流行株のゲノム多様性
                   ○本村 和嗣1,草川 茂1,巽 正志2,加藤 佳代子1,今村 裕子1,Hla Htut Lwin3,Myint Zaw3,武部 豊1
                   1国立感染症研究所 エイズ研究センター 第一室,2国立感染症研究所 獣医科学部,
                   3ミャンマー保健省 エイズ対策予防プログラム
           095P 中国雲南省に流布するHIV-1流行株の分子疫学的解析
                   ○楊 栄閣1,草川 茂1,本村 和嗣1,Kunlong Ben2,武部 豊1
                   1国立感染症研究所エイズ研究センター,2中国科学院昆明動物研究所
           096 アポトーシスを誘導するHIV-1vpr発現ベクターの解析
                   ○飯島 沙幸1,Tana Norn2,渡来 仁2,三輪 正直1,横田 恭子4,間 陽子3
                   1筑波大学医学研究科,2大阪府立大学農学生命科学研究科,
                   3理化学研究所分子細胞学研究室,4国立感染症研究所
           097P Cre/loxP系によるHIV-1感染特異的リボザイム発現ベクターの開発
                   ○羽生 勇一郎1,黒崎 直子2,松本 則彦1,名川 隆志1,武内 寛明3,田村 裕4,高久 洋2
                   1千葉工業大学工学部工業化学科,2千葉工業大学ハイテクリサーチセンター,
                   3東北大学医学系研究科微生物学分野,4ペンシルバニア大学医学部病理学科
           098 5'-LTRを標的としたデコイRNAによるHIV-1発現抑制
                   ○西辻 裕紀1,田村 裕2,布施 隆行1,黒崎 直子1,羽生 勇一郎1,高久 洋3
                   1千葉工業大学工学部工業化学科,2ペンシルバニア大学医学部病理学研究室,
                   3千葉工業大学ハイテクリサーチセンター

          11:20-12:20 動物モデル                      座長 速水 正憲

           099P 強病原性SHIV-C2/1由来分子クローンウイルスによる感染発症サルモデル系の確立
                   ○仲宗根 正1,阪井 弘治1,網 康至2,泉 泰之1,高橋 栄治3,佐々木 裕子4,須崎 百合子2,篠原 克明3本多 三男1
                   1国立感染症研究所(感染研)・エイズ研究センター,2感染研・動物管理室,
                   3感染研・バイオセーフティ管理室,4感染研・安全性研究部
           100 マカクザルに異なった病態を惹起する病原性SHIVの比較遺伝子解析
                   ○阪井 弘治1,篠原 克明2,高橋 栄治2,Iouri L. Kozyrev3,三浦 智行3
                   1国立感染症研究所エイズ研究センター,2国立感染症研究所バイオセーフティ管理室,
                   3京都大学ウイルス研究所エイズ研究施設感染病態研究領域
           101 HIV-1のプロテアーゼ遺伝子を持つ新規SHIVのサル感染実験
                   ○井戸 栄治1,秋山 尚志1,鈴木 元1,嶋田 俊秀2,赤畑 渉1,榎瀬 良美1,三宅 在子1,元原 麻貴子1,三浦 智行1,
                   速水 正憲1
                   1京都大学ウイルス研究所,2京都市立病院
           102 SHIV感染初期の脳における感染性ウイルスの検出
                   ○三宅 在子,榎瀬 良美,鈴木 元,桑田 岳夫,伊吹 謙太郎,速水 正憲
                   京都大学ウイルス研究所感染病態研究領域
           103 病原性SHIV感染による骨髄幹細胞コロニー形成の障害と病態進行への関連性
                   ○山上 賢治1,泉 泰之1,網 康至1,柳 富子2,寺村 正尚3,西成田 進4,三浦 恭定5,本多 三男1
                   1国立感染症研究所エイズ研究センター,2社会保険中央総合病院 内科,3東京女子医大 血液内科,
                   4日本大学医学部 第1内科,5自治医大 血液学
           104 個体におけるHIV-1とHTLV-I重感染モデル作製の試み:hu-PBL-SCIDマウスの応用
                   ○高橋 良明,吉田 篤司,田中 礼子,田中 勇悦
                   琉球大学医学部附属沖縄・アジア医学研究センター感染免疫学



         11月30日(金) 第1会場(さくらホール)                                          09:20-10:10 予防啓発1                     座長 櫻井 賢樹            105 HIV感染に関する小・中・高校の予防教育の実態                    ○笹山 久美代1,森田 文1,友田 恭子1,西村 千代1,新庄 和美2,松島 篤子3,田中 あつ子4,                    平子場 静子5,岡田 美子6,奥見 小夜子7,犀川 由紀子8,田宮 有紀美9                    1国立大阪病院看護部,2国立京都病院,3国立滋賀病院,4国立療養所近畿中央病院,5国立南和歌山病院,                    6国立舞鶴病院,7国立姫路病院,8国立療養所刀根山病院,9国立大阪南病院            106 高校生のエイズ教育についての認識 −エイズ教育、HIVについての認識とHIV感染者への態度−                    ○高田 知恵子                    群馬社会福祉短期大学            107P 学校教育におけるHIV感染者によるエイズ教育の効果                    ○大石 敏寛1,風間 孝2                    1せかんどかみんぐあうと、2動くゲイとレズビアンの会            108 HIV and Young People in Japan: An analysis of Japanese health and education policy    using WHO and UNAIDS documents.                    ○Jane Koerner                    東京大学医学系研究科健康・看護学専攻            109 エイズを考える時 VI−昨日、今日、そして明日−                    ○竹内 潔                    北海学園大学           10:10-11:00 予防啓発2                     座長 鬼塚 直樹            110 大学生保護者のHIV/STDに関する意識調査の結果                    ○武富 弥栄子1,尾崎 岩太1,井上 悦子2,濱野 香苗2,佐野 雅之3                    1佐賀医科大学保健管理センター,2同医学部看護学科基礎看護学,3同附属病院内科血液内科部門            111 聴覚障害者はエイズをどう見ているか                    ○折井 まさ江,野口 有三                    横浜市衛生研究所            112P 新入社員のエイズに対する意識調査について                    ○池田 京子,松崎 加寿子                    東京ガス株式会社人事部健康開発センター            113 女性とエイズ、およびHIV感染と妊娠・出産、医療に対する育児期女性の知識と意識の実態                    ○佐山 光子1,堀 成美2,湊 孝子1,佐藤 悦1,定方 美恵子1,兵頭 慶子1                    1新潟大学医学部保健学科,2東京学芸大学大学院            114 エイズに対する多面的な態度構造と複数の態度尺度間の関連性の検討                    ○西 和久                    名古屋大学大学院文学研究科心理学研究室・日本学術振興会特別研究員           11:00-11:50 予防啓発3                     座長 池田 京子            115P 首都圏の10代若者のセクシャルネットワークについて               −首都圏繁華街カップル調査の結果より−                    ○木原 雅子1,木原 正博2,小松 隆一3,大屋 日登美4,烏帽子田 彰1,市川 誠一4                    1広島大学医学部公衆衛生学,2京都大学大学院医学研究科国際保健学,3国立社会保障人口問題研究所,                    4神奈川県立衛生短期大学衛生技術科            116P 地方(A県)の10代若者のHIV/STD予防行動について               −全県高校生エイズ予防のための基礎調査の結果より−                    ○木原 雅子1,木原 正博2,前田 規子3,山崎 浩司4,烏帽子田 彰1,片峰 茂5                    1広島大学医学部公衆衛生学,2京都大学大学院医学研究科国際保健学,3長崎大学医療技術短期大学看護科                    4京都大学大学院人間・環境学研究科,5長崎大学大学院医学研究科感染分子解析学            117P ハワイ日本人旅行者及び短期滞在者間におけるHIV危険行動の研究                    ○根本 透1,岳中 美江2,横田 文彦1                    1Center for AIDS Prevention Studies, University of California, San Francisco,2国立大阪病院            118P サンフランシスコ在住日本人留学生の性行動に関する研究                    ○日高 庸晴1,木原 雅子2,木原 正博1                    1京都大学大学院医学研究科国際保健学、厚生労働省HIV社会疫学研究班,                    2広島大学医学部公衆衛生学、厚生労働省HIV社会疫学研究班            119 質的手法によるアメリカ村における若者のHIV感染リスク行動に関する研究                    ○岳中 美江1,大森 佐知子2,日高 庸晴3,白阪 琢磨4                    1国立大阪病院臨床研究部・財団法人エイズ予防財団,2関西大学保健管理センター,                    3京都大学大学院医学研究科,4国立大阪病院臨床研究部           11:50-12:30 NGO/CBO1                    座長 生島 嗣            120 都立駒込病院ピアカウンセリンググループ「K ラウンジ」による アウトリーチプロジェクトの実施と成果                    ○錦織 哲哉                    都立駒込病院感染症科ピアカウンセリンググループ「Kラウンジ」              121 東京HIV診療ネットワーク活動報告第5報                    ○根岸 昌功,福武 勝幸,山元 泰之,桜井 賢樹,福江 英尚,青木 眞,味澤 篤,天野 景裕,磐井 靜江,                    岩本 愛吉,木村 哲,小島 賢一,西田 恭治,花房 秀次,平林 直次,堀 成美,松本 宏之                    東京HIV診療ネットワーク            122 AIDS電話相談における感染者の相談傾向について                    ○平松 茂1,高橋 礼子1,今井 文一郎1,五島 真理為1,日高 津多子2                    1HIVと人権・情報センター,2東京都感染症対策課エイズ対策係            123 男性同性愛者に対するエイズ普及啓発におけるNGOと行政サービスとの連携               −全国の地方自治体アンケート調査の分析から−                    ○河口 和也,風間 孝,菅原 智雄,大石 敏寛                    動くゲイとレズビアンの会           14:30-15:30 招待講演2                                            「Immunotherapy for HIV-1 infection」                    David A. Cooper                     (Faculty of Med., Univ. of New South Wales, St. Vincentユs Hosp. Med. Center, Australia)                    座長:国立国際医療センター エイズ治療瞼球研究開発センター 岡 慎一           15:30-17:30 シンポジウム6 薬剤耐性(基礎)                                     座長:熊本大学医学部 第二内科     満屋 裕明                     国立感染症研究所 エイズ研究センター 第2研究グループ   杉浦  亙                        S6-1 Contribution of accumulated gag and protease mutations towards recovery of the fitness and the virus particle formation in the protease inhibitor resistant HIV-1 with D30N and L90M.                    L. Myint (AIDS Research Center,                     National Institute of Infectious Diseases, Japan)            S6-2 Impact of amino acid insertions in p6 identified in patients with failure of combination art: Altrations in Vpr incorporation and virus maturation                    鈴木 一雄                    (Immunovirology Laboratory, Garvan Institute of Medical Research, St Vincentユs Hospital, Australia)            S6-3 HIV-1薬剤耐性と逆転写酵素の分子進化                    佐藤 裕徳(国立感染症研究所 エイズ研究センター)            S6-4 試験管内変異導入法を用いたHIV-1侵入阻害剤耐性変異体の分離                    古田 里佳(関西医科大学微生物学講座)            S6-5 プロテアーゼ阻害剤に対する耐性獲得に関与するgag領域変異の解析                    青木 学(熊本大学医学部 第二内科)           18:00-19:30 サテライトシンポジウム5 (万有製薬)                            SS5 「New developments in the therapy of AIDS malignancies;エイズと悪性腫瘍」                    Robert Yarchoan                    (The HIV and AIDS Malignancy Branch, National Cancer Institute,National Institutes of Health, USA)                    座長:熊本大学医学部 第二内科学教授 満屋 裕明          11月30日(金) 第2会場(つつじホール)                                         09:20-10:00 日和見感染症1                   座長 相楽 裕子            124P 当センターのHIV感染入院患者における血液培養陽性例の臨床的検討                    ○川田 真幹,石崎 有澄美,中島 由紀子,矢崎 博久,砂川 恵伸,照屋 勝治,源河 いくみ,立川 夏夫,                    菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲                    国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター            125 HIV感染症と肝硬変を有しVibrio vulnificus敗血症を発症した血友病Aの一症例                    ○井手 康史1,藤本 優1,川添 聖治1,水田 敏彦1,佐野 雅之1,山本 匡介1,中房 淳司2,吉田 昌人3,尾崎 岩太4                    1佐賀医科大学内科,2同皮膚科,3同集中治療部,4同保健管理センター            126 肺ムコール症を合併したエイズ症例                    ○藤井 輝久1,西村 裕2,畝井 和彦2,高田 昇1                    1広島大学医学部附属病院輸血部,2広島大学医学部小児科            127 脳膿瘍を伴う播種性ヒストプラズマ症の1症例                    ○石崎 有澄美,源河 いくみ,川田 真幹,砂川 恵伸,中島 由紀子,矢崎 博久,照屋 勝治,立川 夏夫,                    菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲                    国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター           10:00-10:40 日和見感染症2                   座長 古西 満            128 結核性胸腹膜炎にニューモシスチス・カリニ肺炎を併発しAIDSを発症した症例                    ○柳 富子1,斎藤 聡1,大塚 喜人2,北條 裕見子1,笠井 昭吾1,近藤 健司1,北村 成大3,斉藤 寿一1                    1社会保険中央総合病院内科,2同 臨床検査科,3同 病理            129 当院でのカリニ肺炎治療におけるatovaquonの効果・副作用についての検討                    ○森 雅江,今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功                    東京都立駒込病院            130 多発性肝トキソプラズマ症を呈したAIDSの1例                    ○大石 毅,高橋 一郎,福江 英尚                    東京医科大学霞ケ浦病院感染症科            131 アメーバ肝膿瘍についての検討                    ○砂川 恵伸,川田 真幹,石崎 有澄美,中島 由紀子,矢崎 博久,照屋 勝治,源河 いくみ,立川 夏夫,                    菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲                    国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター           10:40-11:10 日和見感染症3                   座長 佐多 徹太郎            132P 亜急性進行性封入体脳炎を含む院内感染成人麻疹症例について                    ○中島 由紀子,石崎 有澄美,川田 真幹,矢崎 博久,砂川 恵伸,照屋 勝治,源河 いくみ,立川 夏夫,                    菊池 嘉,安岡 彰,岡 慎一,木村 哲                    国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター            133 HAARTと帯状疱疹について                    ○高橋 賢,古西 満,善本 英一郎,坂本 正洋,三笠 桂一                    奈良県立医科大学第2内科            134P CMV感染症におけるreal-time RT-PCR法による血中CMV mRNA定量の意義                    ○吉田 敦1,遠藤 博久1,森澤 雄司1,人美 重美1,岡 慎一2,木村 哲1                    1東京大学医学部附属病院感染制御部,2国立国際医療センター           11:10-12:00 悪性腫瘍                      座長 中村 哲也            135 AIDSに合併した胆管印環細胞癌の一例                    ○間宮 均人1,嵩 真佐子2,山中 克郎1,内海 眞1                    1国立名古屋病院内科,2国立名古屋病院病理            136P 大量化学療法により寛解に導入し得たエイズ関連Burkittリンパ腫の一例                    ○日野 研一郎,松田 功,中牧 剛,友安 茂                    昭和大学医学部血液内科            137 HAART施行中に悪性腫瘍を発症した11症例の検討                    ○尾上 志保,今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功                    東京都立駒込病院            138P HAARTにより一過性増悪を認めたカポジ肉腫4症例についての検討                    ○大瀧 学1,山中 晃1,川田 和秀1,天野 景裕1,西田 恭治1,山元 泰之1,福武 勝幸1,加藤 雪彦2                    1東京医科大学臨床検査医学講座,2東京医科大学皮膚科学教室            139P 駒込病院におけるカポジ肉腫を合併したAIDS42症例の検討                    ○倉井 大輔,今村 顕史,味澤 篤,根岸 昌功                    東京都立駒込病院           12:00-12:30 婦人科・母子感染1                 座長 箕浦 茂樹            140 妊婦健診におけるHIV抗体検査の現状 −サービス利用者からみた評価−                    ○堀 成美1,佐山 光子2                    1東京学芸大学大学院,2新潟大学医学部保健学科            141 当院におけるHIV感染者婦人科スクリーニングについて                    ○服部 里佳1,稲葉 淳一1,五味淵 秀人1,箕浦 茂樹1,源河 いくみ2,照屋 勝治2,立川 夏夫2,菊池 嘉2,                    安岡 彰2, 岡 慎一2,木村 哲2                    1国立国際医療センター 産科婦人科,2国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター            142P 改良Swim up法によるHIV陽性男性の精液からのHIV除去 と体外授精の臨床実施成績                    ○花房 秀次1,加藤 真吾2,兼子 智3,鈴木 美奈4,高桑 好一4, 田上 尚道1,田中 憲一4                    1荻窪病院血液科,2慶應義塾大学微生物,3東京歯科大学市川病院産婦人科,4新潟大学産婦人科           15:30-17:30 シンポジウム7 感染者の権利(社会)                                   座長:都立駒込病院感染症科  根岸 昌功                     慶應義塾大学文学部   樽井 正義            S7-1 抗体検査における権利・義務                    服部 健司(群馬大学医学部医学基礎講座)            S7-2 HIV感染者の診療を受ける権利                    杉山 真一(原後法律事務所)            S7-3 プライバシーの権利と守秘義務−パートナーへの通知をめぐって                    樽井 正義(慶應義塾大学文学部)           18:00-    サテライトシンポジウム6 (グラクソ・スミスクライン)                            「Improving the management of HIV diseases
                   −症例から学ぶHIV感染症診療のコツ−」            SS6-1 Women: an emerging issue in HIV clinical management - What we should know now -
                   Karen Beckerman (University of California, San Francisco, San Francisco General Hospital, USA)                     座長:岩本 愛吉(東京大学医科学研究所 感染症研究部)              SS6-2  Interactive session−症例から学ぶHIV感染症治療のコツ
     (症例をベースにした選択肢形式の参加型学習プログラム)
                   Karen Beckerman (University of California, San Francisco, San Francisco General Hospital, USA)                     味澤 篤(東京都立駒込病院)                    座長:青木 眞(感染症コンサルタント)          11月30日(金) 第3会場(飛鳥ホール)                                          09:20-10:10 ウイルス量測定                  座長 吉原 なみ子            143P HIV-1感染患者からのウイルス分離−ウイルス分離法およびウイルス分離株の比較検討−                    ○西澤 雅子1,須藤 弘二2,近藤 真規子2,斎藤 隆行2,森下 高行3,川田 かおる4,伊藤 章4,坂本 光男5,                    相楽 裕子5,蜂谷 敦子6,岡 慎一6,巽 正志7,今井 光信2                    1神奈川県衛生研究所ウイルス部、(財)エイズ予防財団,2神奈川県衛生研究所ウイルス部,                    3愛知県衛生研究所,4横浜市大医学部,5横浜市立市民病院,6国立国際医療センター,7国立感染症研究所            144 単一HIV-1ビリオンの迅速検出法                    ○齊藤 有紀1,花房 秀次2,加藤 真吾1                    1慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室,2荻窪病院小児科血液科            145 ポリエチレングリコール(PEG)20000を用いたヒト免疫不全ウイルス(HIV)濃縮法の              応用                    ○河野 武弘,後藤 俊幸,中野 隆史,森田 智津子,Sharad Mohan,佐野 浩一                    大阪医科大学微生物学            146 AMPLICOR MONITORTM Test を用いた               HIV-1、C型肝炎ウィルス (HCV) RNA の同時定量法の可能性についての検討                    ○岡野 愛子1,松田 昌和1,鐙 英恵1,千葉 智子1,山田 兼雄2,杉浦 亙1                    1国立感染症研究所エイズ研究センター,2聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター            147P リアルタイムPCR法によるHIV-1感染細胞内ウイルスRNA定量法の確立                    ○永井 裕美1,和田 かおる2,多和田 行男3,内海 眞2,西山 幸廣1,金田 次弘2                    1名古屋大学大学院医学研究科ウイルス感染学,2国立名古屋病院臨床研究部,3国立名古屋病院臨床検査部           10:10-11:00 Proviral DNA                   座長 高田 昇            148 リアルタイムPCR法を用いたCD4陽性細胞中のHIV-1プロウイルスコピー数の定量                    ○和田 かおる1,永井 裕美2,萩原 智子1,内海 眞1,金田 次弘1                    1国立名古屋病院臨床研究部,2名古屋大学医学部ウイルス感染            149 HIV-1感染症患者の末梢血CD4陽性Tリンパ球のHIV-1プロウィルス陽性率                    ○萩原 智子,内海 眞,金田 次弘                    国立名古屋病院臨床研究部            150 HAART中断後の血中ウイルス量及びプロウイルスDNA量、mRNA量の動き                    ○藤井 輝久,高田 昇                    広島大学医学部附属病院輸血部            151 血中プロウイルス量の推移の検討                    ○井田 節子,立川 夏夫,蜂谷 敦子,松岡 佐織,田中 真理,土屋 亮人,高橋 由紀子,平林 義弘,木村 哲岡 慎一                    国立国際医療センター・エイズ治療・研究開発センター            152 HIV-1 DNAおよび2-Long Terminal Repeat ( 2-LTR) DNAの同時定量系の開発                    ○向出 雅一1,西澤 雅子2,近藤 真規子3,須藤 弘二3,嶋 貴子3,齋藤 隆行3,齋藤 由美子4,植田 昌宏4,                    伊藤 章5,相楽 裕子6,鈴木 一雄7,今井 光信3                    1神奈川県衛生研究所ウイルス部、SRL, Inc.,2神奈川県衛生研究所ウイルス部、(財)エイズ予防財団,                    3神奈川県衛生研究所ウイルス部、4SRL, Inc.,5横浜市立大学医学部,6横浜市民病院,                    7St.Vincent’s Hospital           11:00-11:50 検査                        座長 伊藤 章            153 バイオヒト皮膚モデル製品を用いたHIV−1検出法の検討                    ○鈴木 寿子1,土屋 利江2,吉原 なみ子1                    1国立感染症研究所エイズ研究センター,2国立医薬品食品衛生研究所療品部            154 抗原抗体同時検出キットの検討およびHIV抗体スクリーニング検査弱陽性例への応用                    ○嶋 貴子1,近藤 真規子1,斎藤 隆行1,西大條 文一2,井戸田 一朗3,今井 光信1                    1神奈川県衛生研究所ウイルス部,2北新宿同人斎メディカルクリニック,3東京女子医科大学感染対策科            155 海外の献血のドナーセレクトに関する研究                    ○杉本 和隆1,高西 優子1,木村 和子1,今井 光信2                    1金沢大学薬学部国際保険薬学研究室,2神奈川県衛生研究所ウイルス部            156 HIV-1逆転写酵素活性高感度測定法(Amp-RT/TaqMan)の開発                    ○仲宗根 正1,Heneine Walid2,本多 三男1                    1国立感染症研究所・エイズ研究センター,2米国疾病予防制御センター・レトロウイルス部門            157 HIV感染症患者におけるHbA1c異常低値とその機序に関する検討                    ○萩原 恵里1,渡辺 眞一郎2,伊藤 章2,白井 輝1,石ヶ坪 良明1                    1横浜市立大学医学部第一内科,2横浜市立大学医学部附属病院臨床検査部           11:50-12:20 薬物血中動態                    座長 滝 正志            158 エファビレンツの副作用と薬物血中濃度(第2報)                    ○吉野 宗宏1,桑原 健1,南 幸子2,織田 幸子2,藤 純一郎3,上平 朝子3,白阪 琢磨3                    1国立大阪病院薬剤部,2国立大阪病院看護部,3国立大阪病院免疫感染症科            159 プラバスタチンが抗HIV薬の血中濃度に及ぼす影響                    ○桑原 健1,吉野 宗宏1,南 幸子2,織田 幸子2,藤 純一郎3,上平 朝子3,白阪 琢磨3                    1国立大阪病院 薬剤部,2国立大阪病院 看護部,3国立大阪病院 免疫感染症科            160 HIVプロテアーゼ阻害薬サキナビルの体内動態に及ぼすエタノールの影響                    ○木村 恵介1,芝田 信人1,高田 寛治1,白阪 琢磨3,藤 純一郎3, _原 健2                    1京都薬科大学薬物動態学教室,2国立大阪病院薬剤科,3国立大阪病院免疫感染症科           12:30-13:30 ランチョンセミナー3 (日本たばこ産業/鳥居薬品 日本ロシュ)                                    L3 「Sequencing antiretroviral therapies― Insights from phenotypic resistance patterns」                    Richard H. Haubrich                    (Division of Infectious Diseases, University of California, San Diego, USA)                    座長:国立感染症研究所 エイズ研究センター 第2研究グループ 杉浦 亙           15:30-17:30 シンポジウム8 生活者の視点からQoLを考える(社会)                                   座長:ぷれいす東京   池上 千寿子                    NoGAP    長谷川 博史            S8-1 女性HIV陽性者の立場から                    林 るり(ぷれいす東京)                  S8-2 「滞日外国人感染者支援を通して」−国際化社会におけるQOL−                    榎本てる子(大阪市委託派遣カウンセラー)            S8-3 社会参加のイメージをいかに伝えるのか                    生島 嗣(ぷれいす東京専任相談員)           17:30-19:30 サテライトシンポジウム7 (カリフォルニア大学サンフランシスコ校エイズ予防研究センター                     (Center for AIDS Prevention Studies, University of California, San Francisco)/                     厚生労働省HIV社会疫学研究班/財団法人エイズ予防財団)                            「トランスジェンダー/トランスセクシュアルをめぐる健康問題へのアプローチ」                    座長:特定非営利活動法人ぷれいす東京 池上 千寿子            SS7-1 米国のトランスジェンダーに関する研究結果から                    Tooru Nemoto (CAPS,UCSF)            SS7-2 サンフランシスコにおける質的調査結果から                    JoAnne Keatley (CAPS,UCSF)            SS7-3 日本のTS/TGの現状                    東 優子(ノートルダム清心女子大学)            SS7-4 サンフランシスコにおけるTGコミュニティとの連携による研究 1                    Laily Adao(CAPS,UCSF)            SS7-5 サンフランシスコにおけるTGコミュニティとの連携による研究 2                    Melenie Eleneke(CAPS,UCSF)          11月30日(金) 第4会場(第1研修室)                                          09:20-10:20 免疫1                       座長 滝口 雅文            161 HLA-A*3303拘束性HIV-1 CTLエピトープの同定                    ○Mohammad Sohrab Hossain1,冨山 宏子1,稲川 卓文1,岡 愼一2,滝口 雅文1                    1熊本大学 エイズ学研究センター ウイルス制御分野,2国立国際医療センター            162 Nef蛋白によるHLA-ClassI 分子の発現低下がHIV-1特異的CD8T細胞の抗原認識に与える              影響                    ○冨山 宏子1,明里 宏文2,足立 昭夫3,滝口 雅文1                    1熊本大・エイズ・ウイルス制御,2NIAID/NIH, USA,3徳島大・医・ウイルス            163 SHIV感染防御能獲得サルを用いた感染抵抗性の解析:感染T細胞を特異的に傷害する               キラー細胞の特性                    ○宇賀神 秀樹1,福島 達伸3,上坂 浩美1,清水 真澄3,日高 千鶴乃3,渡理 英二3,速水 正憲2,高橋 秀実3                    1京都大学ウイルス研究所・感染制御,2京都大学ウイルス研究所・感染病態,3日本医科大学・微生物免疫            164 糖鎖欠失SIV(Δ5G)感染アカゲサルの感染防御に関与するウイルス特異的CD4+および CD8+ T細胞の解析                    ○杉本 智恵1,保富 康宏2,斎藤 紀子1,扇本 真治1,永井 美之3,森 一泰1                    1国立感染症研究所,2三重大学医学部,3富山県衛生研究所            165 HIV-P18特異的CTLのTCRトランスジェニックマウスを用いたHIV-P18組み換え ワクチニアウイルスに 対する感染防御能の解析                    ○栗林 秀樹1,金子 礼志2,中川 洋子1,渡理 英二1,斉藤 隆3,熊谷 義博1,高橋 秀実1                    1日本医大・微生物免役,2日本医大・リウマチ,3千葉大大学院・遺伝子制御            166P 新規RT inhibitor(GW420867)を用いた感染後早期治療動物モデルの開発と免疫機能の解析                    ○齋藤 紀子1,保富 康宏2,杉本 智恵1,州鎌 和茂3,Villinger Francois4,Ansari Aftab4,山崎 修道1森 一泰1                    1国立感染症研究所筑波医学実験用霊長類センター,2三重大学(医)感染防御,3(株)キューリン,                    4Emory大(医)           10:20-11:00 免疫2                       座長 田中 勇悦            167 HIV-1 clade E Primary Isolateの陽性患者血清及びrecombinant BCG-E/V3免疫血清に               よる中和                    ○浜野 隆一1,野内 英樹2,原 敬志3,松尾 和浩1,永井 美之3,山崎 修道3,本多 三男3                    1JST AIDS Vaccine Project,2結核研究所,3国立感染症研究所            168 ヒト化HIV-1モノクロナール抗体KD247の中和プロファイル                    ○滝澤 万里1,村上 利夫2,江田 康幸2,前田 敏宏2,原 敬志1,本多 三男1                    1国立感染症研究所エイズ研究センター,2化学及血清療法研究所            169 人工タンパク質を用いたHIV gp120に対する強い免疫反応惹起法の開発                    ○中村 真理子1,芝 清隆2,本間 貴子2,大橋 隆明1,野田 哲生2,大野 典也1                    1東京慈恵会医科大学微生物講座第1,2癌研究会癌研究所細胞生物部            170 末梢血樹状細胞サブセットにおけるHIV-1感染と免疫応答の相異                    ○米澤 昭仁,堀 利行,高折 晃史,門脇 則光,北脇 年雄,森田 林平,内山 卓                    京都大学大学院医学研究科・血液病態学           11:00-11:50 ワクチン1                     座長 奥田 研爾            171 小動物モデルによるDNAプライミング/リコンビナントワクシニアブースティングワクチネーションによる免疫誘導能と               感染防御能の評価                    ○染谷 健二1,忻 克勤2,松尾 和浩3,奥田 研爾2,本多 三男1                    1国立感染症研究所エイズ研究センターエイズ第一研究グループ,2横浜市立大学医学部細菌学教室,                    3科学技術振興事業団            172 弱毒SHIV感染初期におけるサイトカイン応答                    ○喜多 正和1,飯田 陶子1,山本 俊郎1,桑田 岳夫2,宇井 雅博2,鈴木 元2,三浦 智行2,伊吹 謙太郎2                    高橋 秀実3,今西 二郎1,速水 正憲2                    1京都府立医科大学微生物学教室,2京都大学ウイルス研究所,3日本医科大学            173P SIVmac由来Gag蛋白質を発現する組み換えBCG及び組み換えワクシニアウイルスDIs株に              よるカニクイザルでの免疫誘導能と感染防御能の評価                    ○松尾 和浩1,泉 泰之2,大洲 竹晃2,浜野 隆一1,網 康至2,阪井 弘治2,仲宗根 正2,永井 美之2,                    山崎 修道2,本多 三男2                    1JST AIDS VACCINE PROJECT,2国立感染症研究所            174P 弱毒化ワクシニアDIsベクターを用いたリコンビナントDIs/SIV-gagワクチンによる               病原性キメラウィルスの感染防御                    ○泉 泰之1,網 康至2,大洲 竹晃1,松尾 和浩1,仲宗根 正1,海津 雅彦1,染谷 健二1,高橋 栄治3,篠原 克明3,                    本多 三男1                    1国立感染症研究所エイズ研究センター,2国立感染症研究所動物管理室,                    3国立感染症研究所バイオセーフティー管理室            175 Therapeutic Order-made DNA vaccine for Rhesus Macaques during short-term antiretroviral therapy (ART) early after SIV infection                    ○張 険峰,安田 二郎,志田 壽利                    北海道大学遺伝子病制御研究所感染病態分野           11:50-12:50 ワクチン2                     座長 本多 三男            176 サブタイプE HIVに対するDNAワクチンの開発とサブタイプB HIVに対する交差反応性の                  検討                    ○松原 明弘1,伊藤 優子1,武部 豊2,草川 茂3,高村 史記1,保富 康宏1                    1三重大学医学部生体防御医学講座,2国立感染症研究所エイズ研究センターエイズ疫学室,                    3国立感染症研究所エイズ研究センター第一室            177P 糖鎖変異envによる感染防御免疫誘導能の検討                     ○森 一泰1,保富 康宏2,扇本 真二1,武部 豊1,齋藤 紀子1,杉本 智恵1,永井 美之3                    1国立感染症研究所,2三重大学医学部,3富山県衛生研究所            178 組換えワクシニアウイルスを用いたエイズワクチンの開発                    ○篠田 香織,忻 克勤,浜島 健治,奥田 研爾                    横浜市立大学医学部細菌学教室            179 組換えアデノ随伴ウイルスの経口投与によるHIV特異的免疫応答の検討                    ○忻 克勤,浜島 健治,篠田 香織,奥田 研爾                    横浜市立大学医学部細菌学教室            180 リコンビナントE型肝炎ウイルス様中空粒子を用いたHIV経口ワクチンの開発                    ○高村 史記1,新倉 昌浩2,武田 直和3,宮村 達男3,保富 康宏1                    1三重大学医学部生体防御医学講座,2国立感染症研究所ウイルス一部,3国立感染症研究所ウイルス二部            181P 不活化HIV-1捕捉ナノスフェアを用いた粘膜免疫によるHIV-1特異的IgA抗体産生誘導                    ○赤木 隆美1,上野 真路1,平石 勝也1,芹澤 武2,明石 満2,河村 正輝3,馬場 昌範3                    1株式会社日本抗体研究所,2鹿児島大学工学部,3鹿児島大学医学部           15:30-17:30 シンポジウム9 滞日外国人のエイズ予防対策の将来像を探る(社会)                              「滞日外国人のエイズ予防対策の将来像を探る                −滞日ブラジル人、滞日タイ人をモデルとして」                    座長:京都大学大学院医学研究科社会健康医学系 国際保健学講座 木原 正博                     慶應義塾大学看護医療学部・慶應大学病院感染クリニック    鎌倉 光宏            S9-1 アジア・中南米におけるHIV流行の現状                    山本 太郎(京都大学大学院医学研究科)            S9-2 ブラジルのエイズNGOの歴史                    小貫 大輔(CRI-チルドレンズ・リソース・インターナショナル)            S9-3 タイのエイズ:2001年状況報告                    帖佐 徹(国立国際医療センター 国際医療局)            S9-4 滞日ブラジル人におけるHIV予防対策の探求                    岩木エリーザ・津島真梨絵・ルイザ栄口(CRIATIVOS)            S9-5 滞日タイ人におけるHIV予防対策の探求                    小堀 栄子(京都大学大学院医学研究科)           17:30-19:30 サテライトシンポジウム8 (厚生省HIV感染症社会疫学研究班MSMグループ、MASH大阪、                               MASH東京)               「MSMにおけるHIV/STD感染とその予防に向けて」                    座長:神奈川県立衛生短期大学 鬼塚 直樹                       UCSF、CAPS     市川 誠一            SS8-1 台北ゲイサウナにおけるSTDコホート研究                    Yi-Ming A. Chen                    (AIDS Prevention and Research Center, Institute of Public Health,                  School of Medicine, National Yang-Ming University, Taiwan)            SS8-2 HIV感染のリスク拡大を示す近年の性感染症の動向                −STDクリニックにみられるHIV/STD動向の特徴から−                    大里 和久(大阪府立万代診療所)                 SS8-3 在米日本人MSMにおけるHIV検査とカウンセリング                    Kyung-Hee Choi(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)          11月30日(金) 第6会場(802会議室)                                          09:20-10:10 感染・増殖1                    座長 伊藤 正彦            182 アストロサイトにおけるケモカイン受容体CXCR4からの細胞内情報伝達                    ○太田 康男,奥川 周,北沢 貴利,上田 久仁子,塚田 訓久,木村 哲                    東京大学感染症内科            183 ケモカイン受容体CXCR4からのTリンパ球の活性化機序の解析                    ○奥川 周,太田 康男,上田 久仁子,北沢 貴利,塚田 訓久,木村 哲                    東京大学感染症内科            184 HIV-1サブタイプC Tatの高活性                    ○木ノ本 正信,黒須 剛,河本 聡志,生田 和良                    大阪大学微生物病研究所ウイルス免疫分野            185 HIV再活性化シグナルによるCpG脱メチル化の意義                    ○石田 尚臣,小岩 司,渡邉 俊樹                    東京大学医科学研究所人癌病因遺伝子分野            186P CRF02_AG組換体感染性分子クローンの分離とその構造およびウイルス学的性質                    ○巽 正志1,鷹槊 美香子2,飛梅 実2,石川 晃一3,Ampofo William4,松田 道行2                    1国立感染症研究所獣医科学部,2国立国際医療センター研究所(現 阪大微研),                    3ガーナ野口記念医学研究所(現 国立感染症研究所エイズ研究センター),4ガーナ野口記念医学研究所           10:10-11:00 感染・増殖2                    座長 塩田 達雄            187 SIVmac239のヌクレオキャプシド蛋白質中のZnフィンガーモチーフの逆転写過程における                  役割                    ○赤畑 渉,井戸 栄治,速水 正憲                    京都大学ウイルス研究所感染病態            188 V3 ループ ペプチドによる当該envelope蛋白の活性化                    ○凌 虹,宇佐美 修,服部 俊夫                    東北大学院感染病態学            189P マクロファージ前駆体細胞である単球へのHIV-1の感染                    ○武内 寛明1,鈴木 陽一1,蝦名 博貴1,巽 正志2,山本 直樹3,小柳 義夫1                    1東北大・大学院・微生物,2感染研・獣医科学部,3東医歯大・大学院・ウイルス制御            190 ヒトLD78βNH2末端ループと抗HIV-1活性                    ○宮川 寿一1,小原 健志1,前田 賢次1,満屋 裕明2                    1熊本大学医学部免疫病態学・内科学第二,2米国国立癌研究所内科療法部門レトロウイルス感染症部            191 The effect of simvastatin on HIV-1 replication in latently infected OM 10.1 cells                    ○Lilen Sarol,朝光 かおり,手塚 俊文,岡本 尚                    Nagoya City University Medical School           11:00-11:40 病態3                       座長 内山 卓            192P 日本人血友病患者におけるHIV-1感染及び発症関連遺伝子ーケモカインレセプターの 遺伝子多型についての検討                    ○Xue-Wen Deng1,照沼 裕1,Handemal Ray1,花房 秀次2,瀧 正志3,葛西 宏威1,山下 篤哉1,塩田 達雄4,                    伊藤 正彦1,三間屋 純一5                    1山梨医科大学微生物学講座,2萩窪病院,3聖マリアンナ大学,4大阪大学微生物病研究所,                    5静岡県立こども病院            193 HIV感染症の病態進行とIL4遺伝子多型                    ○中山 英美1,永井 美之2,岩本 愛吉3,塩田 達雄1                    1大阪大学微生物病研究所,2富山衛研,3東大医科研            194 CD4 陽性 T 細胞の CD38 サブセットと HIV-1 感受性                    ○白神 未来1,堀越 東子2,木ノ本 正信1,河本 聡志1,向井 徹2,生田 和良1                    1大阪大学微生物病研究所ウイルス免疫分野,2国立感染研            195 ヒト胸腺フラグメント培養系を用いたHIV-1感染実験                    ○伊吹 謙太郎1,元原 麻貴子1,桑田 岳夫1,宮崎 恭行1,三浦 智行1,桂 義元2,速水 正憲1                    1京都大学ウイルス研究所感染病態研究領域,2京都大学再生医科学研究所           11:40-12:20 感染・増殖3                     座長 小柳 義夫            196 gp41の細胞外ドメインのC-ペプチドは、HIV-1感染細胞の細胞表面でsCD4によるgp41の 立体構造の変化を阻害する                    ○宇佐美 修,凌 虹,服部 俊夫                    東北大学大学院感染病態学            197 Role of Domains on HIV-1 Envelope in Binding to the DC-SIGN                    ○Foda Mohamed,前田 洋助,原田 信志                    熊本大学医学部感染防御            198 HIV-1の脳血管由来周細胞指向性を決めるコレセプターGPR1の機能領域の解析                    ○清水 宣明1,田中 淳1,丸山 泰弘2,北村 俊雄3,星野 洪郎1                    1群馬大学医学部衛生学,2群馬大学医学部眼科学,3東京大学医科学研究所造血因子探索            199 マイコプラズマ由来糖脂質のHIV entry促進機構の解明                    ○清水 隆,荒井 澄夫                    久留米大学医学部細菌学講座
         
12月1日(土) 第1会場(さくらホール)                                         09:20-10:00 薬剤耐性1                     座長 今井 光信            200 新規の核酸系逆転写酵素阻害剤(4'-ethynyl nucleoside)に対するHIV-1の耐性化機序の                  解析                    ○児玉 栄一1,満屋 裕明2,松岡 雅雄1                    1京都大学 ウイルス研究所 感染免疫研究領域,                    2熊本大学医学部 免疫病態学・感染免疫診療部・内科学第2            201 HIV-1 gp41 N末端由来のペプチドN36による耐性化機序の解明                    ○行木 大輔,児玉 栄一,松岡 雅雄                    京都大学 ウイルス研究所 感染免疫研究領域            202 Construction of HIV-1 library carrying a set of random combination of zero to eleven amino acid substitutions in protease associated with drug resistance                    ○Wei Song1,Yusa Keisuke1,Harada Shinji2                    1Department of Biodefense and Medical Virology, Kumamoto University School of Medicine,                    2Center for AIDS Research, Kumamoto University            203P 相同組み換えによる患者由来HIV-1の再構築と薬剤感受性検査                    ○松田 昌和,千葉 智子,岡野 愛子,鐙 英恵,松田 善衛,横幕 能行,杉浦 亙                    国立感染症研究所エイズ研究センター           10:00-10:50 薬剤耐性2                      座長 服部 俊夫            204 タッチダウンPCR法導入による薬剤耐性遺伝子検査成功率の著明な改善                    ○浅黄 司1,鈴木 博義1,山崎 孝文1,手塚 文明2,佐藤 功3,金田 次弘4,伊部 史朗4                    1国立仙台病院臨床検査科,2国立仙台病院臨床研究部,3国立仙台病院内科,4国立名古屋病院臨床研究部            205 ザンビアにおけるHIV-1サブタイプCの薬剤耐性変異の遺伝子解析                    ○Ray Handema1,照沼 裕1,Kasolo Francis2,葛西 宏威1,山下 篤哉1,Wen Deng Xue1,                    Mulundu Georgina2市山 浩二2,若杉 なおみ3,本多 三男4,山本 直樹5,伊藤 正彦1                    1山梨医科大学微生物,2ザンビア大学教育病院,3国立国際医療センター,                    4国立感染症研究所エイズ研究センター,5東京医科歯科大学大学院ウイルス制御            206P HAART施行中の患者から見つかったp6gag遺伝子に挿入変異を起こしたHIV-1群                    ○伊部 史朗1,内海 眞2,金田 次弘2                    1エイズ予防財団、国立名古屋病院臨床研究部,2国立名古屋病院臨床研究部            207 治療継続中に出現したリバウンドウイルスにおける薬剤耐性変異の解析                    ○森 治代,小島 洋子,川畑 拓也,大竹 徹,大石 功                    大阪府立公衆衛生研究所            208 PBMCを被感染細胞とするHIV-1薬剤感受性試験                    ○加藤 真吾1,田中 理恵1,齊藤 有紀1,松本 智子2,高野 八百子2,田上 尚道3,根岸 昌功4,花房 秀次3                    1慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室,2慶應大学病院特殊感染症クリニック,3荻窪病院血液科,                    4都立駒込病院感染症科           10:50-11:50 薬剤耐性3                      座長 加藤 真吾            209 A novel MS-PCR assay for the detection of M41L and K70R AZT resistant mutations               in subtype E HIV-1                    ○Lay Myint1,有吉 紅也1,Wattana Auwanit2,Panita Pathipvanith2,Hua Yan1,松田 昌和1,                    山田 兼雄3,杉浦 亙1                    1国立感染症研究所エイズ研究センター,                    2Department of Medical Science, National Institute of Health, Thailand,                    3聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター            210 HIV薬剤耐性遺伝子変異の不一致例について: HIV-RNA(血漿中)とHIVプロウイルスDNA(PBMC中)との長期不一致例について                    ○宇宿 秀三1,野口 有三1,坂本 光男2,相楽 裕子2,須藤 弘二3,西澤 雅子3,西澤 雅子4,近藤 真規子3,                    今井 光信3                    1横浜市衛生研究所,2横浜市立市民病院,3神奈川県衛生研究所,4エイズ予防財団リサーチレジデント            211 HIV-1の薬剤耐性変異が検出された治療歴のないHIV-1感染症患者                    ○伊部 史朗1,森下 高行2,佐藤 克彦2,柴田 直美3,内海 眞3,金田 次弘3                    1エイズ予防財団、国立名古屋病院臨床研究部,2愛知県衛生研究所微生物部,3国立名古屋病院臨床研究部            212 東海地区におけるHIV初感染者のプロテアーゼ、逆転写酵素遺伝子の解析                    ○森下 高行1,佐藤 克彦1,伊部 史朗2,金田 次弘2,山本 直彦3                    1愛知県衛生研究所・微生物部,2国立名古屋病院・臨床研究部,3名古屋大学大学院・国際保健医療学            213 抗HIV治療における薬剤耐性発現状況と耐性検査の意義に関する検討                    ○内田 泰斗,西田 恭治,永泉 圭子,山元 泰之,福武 勝幸                    東京医科大学病院臨床検査医学講座、厚生労働省エイズ治療薬研究班            214 プロテアーゼ阻害剤未治療患者におけるNelfinavir108週までの継続率と耐性変異の出現                    ○土屋 亮人,松岡 佐織,高橋 由紀子,蜂谷 敦子,田中 真理,井田 節子,源河 いくみ,照屋 勝治,                    立川 夏夫,菊池 嘉,安岡 彰,平林 義弘,木村 哲,岡 慎一                    国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター           11:50-12:40 薬剤耐性4                      座長 児玉 栄一            215 抗HIV薬耐性検査の遺伝子型と表現型検査の比較                    ○高田 昇1,藤井 輝久1,西村 裕2,杉浦 亙3                    1広島大学医学部附属病院輸血部,2広島大学医学部小児科,3国立感染症研究所エイズ研究センター            216 データベースを用いた薬剤耐性ジェノタイプ検査と薬剤耐性フェノタイプ検査との比較検討                    ○須藤 弘二1,西澤 雅子2,向出 雅一3,宇宿 秀三4,嶋 貴子1,近藤 真規子1,斎藤 隆行1,伊藤 章5,                    相楽 裕子6,今井 光信1                    1神奈川県衛生研究所ウイルス部,                    2神奈川県衛生研究所ウイルス部((財)エイズ予防財団リサーチレジデント),3SRL,Inc.,                    4横浜市衛生研究所,5横浜市立大学医学部附属病院臨床検査部,6横浜市立市民病院感染症部            217P HIV-1 プロテアーゼの迅速表現型解析法(virus like particle (VLP) ELISA法)の確立                    ○横幕 能行,杉浦 亙,阪井 弘治,松田 昌和,岡野 愛子,鐙 英恵,永井 美之,松田 善衛                    国立感染症研究所エイズ研究センター            218 3剤併用療法をそのまま評価する新しい薬剤耐性検査法の開発                    ○蜂谷 敦子1,高橋 由紀子1,松岡 佐織1,田中 真理1,土屋 亮人1,平林 義弘1,井田 節子1,巽 正志2,                    木村 哲1,岡 慎一1                    1国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター,2国立感染症研究所 獣医科学部            219 ヒトT細胞由来の新たなHIV-1感染宿主細胞株の樹立と薬剤感受性検査への応用                    ○千葉 智子,松田 善衛,横幕 能行,滝沢 万里,本多 三男,松田 昌和,岡野 愛子,鐙 英恵,杉浦 亙                    国立感染症研究所エイズ研究センター           13:30-15:30 STD学会合同シンポジウム               「STD Control」‐STDの流行をどうするか?‐                    座長:札幌医科大学名誉教授       熊本 悦明                     神奈川県立衛生短期大学衛生技術科公衆衛生学研究室 市川 誠一            合同1 この性感染症流行の現状を直視してほしい                    熊本 悦明(札幌医科大学名誉教授)              合同2 性感染症としてのHIV                    源河いくみ・岡 慎一(国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター)            合同3 セクシャルネットワークと性感染症予防                    木原 正博                    (京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻・国際保健学講座)            合同4 女性における性感染症とその予防啓発                    家坂 清子(いえさか産婦人科医院・副院長)            合同5 エイズ啓発を振り返って                    市川 誠一(神奈川県立衛生短期大学)          12月1日(土) 第2会場(つつじホール)                                         09:20-10:10 NGO/CBO2                    座長 帖佐 徹            220 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その1                   研究の概要                    ○五島 真理為1,新庄 文明2,中瀬 克己3,白井 良和1,木下 ゆり1,米子 香苗1,ケイトリン ストロネル1                    1HIVと人権・情報センター,2長崎大学歯学部,3岡山市保健所            221 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その2                保健所ならびに行政機関によるAIDS/NGOの活用                    ○新庄 文明1,中瀬 克己2,白井 良和3,木下 ゆり3,米子 香苗3,五島 真理為3                    1長崎大学歯学部,2岡山市保健所,3HIVと人権・情報センター            222 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その3                AIDS/NGOによる行政機関との連携の実情                    ○五島 真理為1,新庄 文明2,中瀬 克己3,白井 良和1,木下 ゆり1,米子 香苗1,ケイトリン ストロネル1                    1HIVと人権・情報センター,2長崎大学歯学部,3岡山市保健所            223 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その4                AIDS-NGOの活用を阻害する要因と活用による利点                    ○中瀬 克己1,新庄 文明2,白井 良和3,木下 ゆり3,米子 香苗3,五島 真理為3                    1岡山市保健所,2長崎大学歯学部,3HIVと人権・情報センター            224 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その5                英国のAIDS/NGOの実態および活用                    ○大坂 英治1,塩入 康2,新庄 文明3,吉原 則子4,伊藤 葉子5,木下 ゆり6,池上 正仁6,高橋 礼子6,                    伊藤 麻里子6,米子 香苗6,五島 真理為6                    1WITH-HIV/AIDSとの共生を目指す市民の会,2東北HIVコミュニケーションズ,                    3長崎大学歯学部,4かごしまHIV情報局,5中部学院大学,6HIVと人権・情報センター           10:10-11:00 NGO/CBO3                    座長 今村 顕史            225 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その6                英国AIDS関連機関における栄養支援の実態・栄養士の役割                    ○木下 ゆり1,新庄 文明2,塩入 康3,大坂 英治4,吉原 則子5,伊藤 葉子6,池上 正仁1,高橋 礼子1,                    伊藤 麻里子1,米子 香苗1,五島 真理為1                    1HIVと人権・情報センター,2長崎大学歯学部,3東北HIVコミュニケーションズ,4WITH,                    5かごしまHIV情報局,6中部学院大学            226 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その7                ヤング・シェアリング・プログラムの評価                    ○伊藤 葉子1,木下 ゆり2,伊藤 麻里子2,山本 勉3,五島 真理為2                    1中部学院大学,2HIVと人権・情報センター,3岡山県立大学            227 エイズに関する普及啓発における非政府組織(NGO)の活用に関する研究その8                HIV陽性者の口腔衛生状態と歯科受療状況に関する調査                    ○新庄 文明1,西山 毅1,五島 真理為2,Robinson Peter3                    1長崎大学歯学部,2HIVと人権・情報センター,3ロンドン大学キングズカレッジ            228 りょうちゃんず(広島のPWAと共に生きる会)の活動報告とその意義                    ○藤原 良次,渥美 宝恵,塚本 弥生,平岡 毅,藤井 輝久,橋本 則久,椎村 和義,丹花 一枝,磯部 典子,                    内野 悌司,兒玉 憲一                    りょうちゃんず(広島のPWAと共に生きる会)            229 新HIV陽性者対象サポートグループ−PEER Group Meetingの意義と今後の課題−                    ○出村 ひとみ1,生島 嗣1,福原 寿弥1,矢島 嵩2                    1特定非営利活動法人 ぷれいす東京,2PGMスタッフ           11:00-12:00 予防地域活動1                    座長 井上 洋士            230P HIV Risk Behavior and HIV Testing and Counseling Experience of Japanese Men Who Have Sex with Men (MSM)                    ○Kyung-Hee Choi1,Ichikawa Seiichi2,Onizuka Naoki1                    1University of California, San Francisco CAPS, USA,                    2Kanagawa Pref. College of Nursing and Med. Technology            231 サンフランシスコ在住トランスジェンダー(男性から女性)におけるHIV危険行動に関する               社会的及び心理的要因の研究                    ○根本 透,横田 文彦                    Center for AIDS Prevention Studies, University of California, San Francisco            232P 大阪地域におけるMSMを対象とした臨時HIV/STD予防相談・検査(switch2001)の受検者の                  特性                    ○木村 博和1,市川 誠一2,鬼塚 哲郎3,松原 新4,鬼塚 直樹5                    1横浜市立大学医学部公衆衛生学,2神奈川県立衛生短期大学,3京都産業大学/MASH大阪,                    4MASH大阪,5CAPS International Program, UCSF            233 MASH大阪・SWITCH2001における臨時予防相談・検査を実施して                    ○鬼塚 哲郎1,市川 誠一2,木村 博和3,松原 新4,鬼塚 直樹5,市橋 恵子6,日笠 聡7,山元 泰之8                    1京都産業大学/MASH大阪,2神奈川県立衛生短期大学,3横浜市立大学医学部,4MASH大阪,                    5CAPS, UCSF, USA,6訪問看護ステーション堂山,7兵庫医科大学,8東京医科大学            234P MSMを対象としたHIV検査会の意義                    ○米倉 弥久里,菊池 恵美子,内海 眞                    国立名古屋病院            235P 非本番系風俗産業で働くセックスワーカーの実態調査及びSTD/HIV感染予防行動              −予防介入の可能性−                    ○桃河 モモコ1,沢田 司1,水島 希1,池上 千寿子2,木原 正博3,木原 雅子4,要 友紀子1                    1SWASH(スウォッシュ/Sex Work and Sexual Health),2ぷれいす東京,                    3京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻国際保健学講座,4広島大学医学部公衆衛生学講座           12:00-13:00 予防地域活動2                    座長 木村 博和            236 東京地域のMSMに向けたHIV/STD感染予防活動のニーズ                    ○佐藤 未光1,井戸田 一朗2,岡崎 一裕3,鬼塚 直樹4,市川 誠一5,木村 博和6                    1東京大学医科学研究所/MASH東京,2東京女子医科大学/MASH東京,                    3HIVと人権情報センター/MASH東京4CAPS International Program、UCSF,                    5神奈川県立衛生短期大学,6横浜市立大学医学部公衆衛生学            237 大阪地域のMSMにおけるHIV・STD感染の予防啓発介入研究 2.               第2次質問票調査(2000年調査)による予防介入の評価                    ○市川 誠一1,鬼塚 哲郎2,木村 博和3,鬼塚 直樹4,松原 新5,日高 庸晴6,木原 雅子7,木原 正博6                    1神奈川県立衛生短期大学,2京都産業大学/MASH大阪,3横浜市立大学医学部,4CAPS, UCSF, USA,                    5MASH大阪,6京都大学大学院医学研究科,7広島大学医学部            238P 大阪での臨時HIV/STD検査(MASH大阪・SWITCH2001-B)に対する利用者の評価                    ○井上 洋士1,鬼塚 哲郎2,市橋 恵子3,市川 誠一4                    1東京大学大学院医学系研究科健康社会学,2京都産業大学,3訪問看護ステーション堂山,                    4神奈川県立衛生短期大学            239P HIV感染予防行動と対人関係の志向性との関連性に関する臨床心理学的研究                    ○安尾 利彦                    国立大阪病院、エイズ予防財団、甲南大学大学院            240 男性同性愛者におけるHIV感染リスク行動を規定する諸要因についての研究                    ○風間 孝,大石 敏寛,河口 和也,菅原 智雄                    動くゲイとレズビアンの会            241P HIV感染者の性行動と社会関係と精神健康に関する研究                    ○井上 洋士1,山崎 喜比古1,若林 チヒロ2,関 由起子3,木原 正博4                    1東京大学大学院医学系研究科健康社会学,2埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉学科,                    3財団法人労働科学研究所,4京都大学大学院医学研究科国際保健学          12月1日(土) 第3会場(飛鳥ホール)                                          09:20-10:10 診療動向1                      座長 日笠 聡            242 東京医科大学病院臨床病理科(東京西部)における新規受診患者の動向                    ○山元 泰之1,萩原 剛1,天野 景裕1,西田 恭治1,福武 勝幸1,鈴木 祐見子2                    1東京医科大学臨床検査医学・東京HIV診療ネットワーク,2東京医科大学病院看護部            243 東京都立駒込病院感染症科(東京北部)における新規受診患者の動向                    ○堀 成美1,味澤 篤1,今村 顕史1,根岸 昌功1,青木 眞1,増田 剛太2                    1東京都立駒込病院感染症科・東京HIV診療ネットワーク,2東京都立清瀬小児病院            244 茨城県南地区におけるHIV感染者・AIDS患者の動向                    ○福田 潔1,篠原 伸介2,藤原 秀臣2,福江 英尚3,人見 重美4                    1国立霞ヶ浦病院内科,2土浦協同病院内科,3東京医科大学霞ヶ浦病院感染症科,                    4筑波大学臨床医学系感染症内科            245 当院におけるHIV/AIDS患者の受診状況と臨床経過 1994年〜2001年の調査結果                    ○吉田 英樹,後藤 哲志,阪上 賀洋                    大阪市立総合医療センター・感染症センター            246P 拠点病院におけるHIV/AIDSの受療者数                    ○橋本 修二1,山口 拓洋1,川戸 美由紀1,中村 好一2,木村 博和3,市川 誠一4,木原 正博5,白阪 琢磨6                    1東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻,2自治医科大学公衆衛生学,                    3横浜市立大学医学部公衆衛生学,4神奈川県立衛生短期大学公衆衛生学,                    5京都大学大学院医学研究科国際保健学,6国立大阪病院臨床研究部           10:10-11:00 診療動向2                       座長 山元 泰之            247P エイズ診療拠点病院における日和見感染症・エイズ指標疾患の動向                    ○畠山 修司1,森澤 雄司1,安岡 彰2,岡 慎一2,木村 哲1                    1東京大学医学部附属病院 感染症内科,2国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター            248 都立病院でのHIV/AIDS症例とその診療に関する研究                    ○味澤 篤1,増田 剛太2,根岸 昌功1,今村 顕史1,岸田 修二3,山田 義也3,高山 直秀4,赤城 久美子5                    菅田 安男6,大林 民典7,船田 信顕8,石浦 美津枝9,香宗我部 滋10,樫山 鉄夫11,阿部 史朗12,                    角田 隆文13,大西 健児14,藤田 明10,貞升 健志15,関根 大正15                    1東京都立駒込病院感染症科,2東京都立清瀬小児病院,3東京都立駒込病院内科,4東京都立駒込病院小児科                    5東京都立駒込病院皮膚科,6東京都立駒込病院眼科,7東京都立駒込病院臨床検査科,                    8東京都立駒込病院病理科,9東京都立駒込病院看護科,10東京都立府中病院,11東京都立大久保病院内科,                    12東京都立大塚病院産婦人科,13東京都立荏原病院感染症科,14東京都立墨東病院感染症科,                    15東京都衛生研究所ウイルス研究科            249 血液製剤によるHIV感染者の調査成績第1報 CD4値、HIV-RNA量と治療の現状と推移                    ○白阪 琢磨1,山口 拓洋2,岡 慎一3,吉崎 和幸4,木村 哲5,福武 勝幸6,橋本 修二2                    1国立大阪病院臨床研究部,2東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻,                    3国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター臨床研究開発部,                    4大阪大学健康体育部健康医学第一部門,5東京大学大学院医学系研究科病因・病理学専攻,                    6東京医科大学臨床検査医学講座            250 血液製剤によるHIV感染者の調査成績  第2報 身体状況・日常生活動作の現状と推移                    ○山口 拓洋1,橋本 修二1,岡 慎一2,吉崎 和幸3,木村 哲4,福武 勝幸5,白阪 琢磨6                    1東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻,                    2国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター臨床研究開発部,                    3大阪大学健康体育部健康医学第一部門,4東京大学大学院医学系研究科病因・病理学専攻,                    5東京医科大学臨床検査医学講座,6国立大阪病院臨床研究部            251 HIV-1感染のある血液凝固異常症例における2000年5月までの年次死亡数とCD4+細胞数の                  推移                    ○立浪 忍1,瀧 正志2,福武 勝幸3,桑原 理恵1,浅原 美恵子3,山田 兼雄4                    1聖マリアンナ医科大学医学部附属研究施設,2聖マリアンナ医科大学医学部小児科,                    3東京医科大学臨床検査医学,4聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター           11:00-11:40 歯科                          座長 池田 正一            252 歯科における予防的アプローチの必要性について:HIV/AIDS患者の唾液潜血反応から                    ○中野 恵美子1,千綿 かおる2,渡辺 恵1,岡 慎一1,木村 哲1                    1国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター,                    2前国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター            253 hu-PBL-NOD-scidマウスを用いたHIV-1経口感染の検討                    ○中尾 龍馬1,泉福 英信1,天笠 光雄2,浅野 敏彦3,本多 三男4,花田 信弘1                    1国立感染症研究所口腔科学部,2東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面外科学,                    3国立感染症研究所動物管理室,4国立感染症研究所エイズ研究センター            254P 歯科医療器具の刺傷事故によるHIV感染の可能性に関する研究                    ○茂木 伸夫1,千葉 緑1,比留間 潔2,増田 剛太3                    1都立駒込病院歯科,2輸血科,3感染症科            255 当院で起きた3件の非針刺しHIV関連曝露事故と対策 −特にコンタクトレンズ装着者のリスクについて−                    ○池谷 健                    藤枝市立総合病院小児科           11:40-12:20 看護3                         座長 有馬 美奈            256 エイズ拠点病院に勤務する看護婦のHIV/エイズに関する意識調査               −平成12年度国立病院療養所共同基盤研究班−                    ○荒木 輝美1,繁浦 洋子1,村井 松美2,長澤 若子3,吉野 育美4,小林 陽子5,大藪 定子6                    1国立大阪病院看護部,2国立京都病院,3国立舞鶴病院,4国立大阪南病院,5国立療養所福井病院,                    6国立療養所敦賀病院            257  HIV告知を受けた患者に対する支援と、看護婦の役割についての一考察                    ○清水 千重                    慶応義塾大学病院            258 HIV陽性妊婦に対する看護と連携の実際                  −免疫感染症科・産科・小児科のプロトコールの活用−                    ○山下 佳子,森田 美揚子,織田 幸子,甲斐 千恵子,笹山 久美代,繁浦 洋子                    国立大阪病院看護部            259P HIV専任看護婦の活動についての実態調査                    ○橋口 桂子                    国立名古屋病院           12:30-13:30 ランチョンセミナー4 (ダイナボット)                                       「HIV感染症と日本におけるロピナビルの使用成績に関する最新知見」                    座長:国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター 岡 慎一            L4-1 ロピナビル/rの使用経験                    安岡 彰(国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター)             L4-2 抗HIV薬の選び方 〜ロピナビル/rという選択〜                    松下 修三(熊本大学エイズ学研究センター 病態制御分野)              L4-3 Clinical implications of anti-Nef and anti-Vpu antibodies in patients on HAART                    Yi-Ming A. Chan                    (AIDS Prevention and Research Center, Institute of Public Health School of Medicine,                     National Yang-Ming University, Taiwan)          12月1日(土) 第4会場(第1研修室)                                          09:20-10:00 母子感染2                      座長 宮澤 豊                        260 HIV母子感染予防の臨床的研究−産婦人科領域からの全国調査成績−                    ○和田 裕一1,戸谷 良造2,吉野 直人2,稲葉 憲之2,井村 総一2,大久保 秀夫2,大場 悟2,葛 健郎2,                    喜多 恒和2,倉辻 忠俊2,杉浦 亙2,高野 政志2,谷口 晴記2,塚原 優己2,外川 正生2,北村 勝彦2,林 公一2,                    箕浦 茂樹2,保田 仁介2                    1国立仙台病院産婦人科、厚生労働省分担研究「HIV母子感染予防の臨床的研究」班,                    2厚生労働省分担研究「母子感染予防の臨床的研究」班            261 「HIV母子感染予防の臨床的研究               −全国調査による妊婦におけるHIV抗体検査実施率の地域差について」                    ○林 公一1,戸谷 良造2,稲葉 憲之2,井村 総一2,大久保 秀夫2,大場 悟2,葛西 健郎2,喜多 恒和2,                    倉辻 忠俊2,杉浦 亙2,高野 政志2,谷口 晴記2,塚原 優己2,外川 正生2,箕浦 茂樹2,保田 仁介2,                    和田 裕一2,吉野 直人2,北村 勝彦2                    1国立下関病院産婦人科,2厚生労働省分担研究「HIV母子感染予防の臨床的研究班」            262P 本邦におけるHIV母子感染の現況−小児科領域からの2000年度全国調査成績から−                    ○外川 正生1,戸谷 良造2,喜多 恒和2,稲葉 憲之2,井村 総一2,大久保 秀夫2,大場 悟2,葛西 健郎2                    倉辻 忠俊2,杉浦 亙2,高野 政志2,谷口 晴記2,塚原 優己2,箕浦 茂樹2,保田 仁介2,吉野 直人2,和田 裕一2                    1大阪市立総合医療センター小児内科、厚生労働省分担研究「HIV母子感染予防の臨床的研究」班,                    2厚生労働省分担研究「HIV母子感染予防の臨床的研究」班            263 HIV母子感染予防の臨床的研究−HIV母子感染予防対策マニュアルの改訂                    ○谷口 晴記1,稲葉 憲之2,井村 総一2,大久保 秀夫2,大場 悟2,葛西 建郎2,喜多 恒和2,北村 勝彦2,                    倉辻 忠俊2,杉浦 亙2,高野 政志2,塚原 優己2,外川 正生2,戸谷 良造2,林 公一2,箕浦 茂樹2,                    保田 仁介2,吉野 直人2,和田 裕一2                    1三重県立総合医療センター 産婦人科,2厚生労働省分担研究「HIV母子感染予防の臨床的研究」班           10:00-10:40 母子感染3                      座長 戸谷 良造            264 当院で初めて経験した妊娠33週に診断された肺炎合併HIV感染妊産婦に対する                  選択的帝王切開施行例                    ○田中 健1,深堀 茂樹1,藤松 由起子1,城島 浩人1,白石 香1,松尾 和彦1,本田 順一1,藤野 浩2,堀 大蔵3,                    佐川 公矯4                    1久留米大学医学部第一内科,2久留米大学医学部小児科,3久留米大学医学部産婦人科,                    4久留米大学医学部臨床検査部            265 Short course Zidovudine to prevent vertical transmission of HIV in rural Kenya                    ○E. M. Songok1,Y. Fujiyama2,N. Kobayashi2,R. Kibaya1,J. Takehisa1,K. Kakimoto2,                    S. Kageyama2,Y. Sugiura2,T. Kurimura2,H. Ichimura1                    1Dept. of Viral Infection and Int. Health, Graduate School of Med. Science, Kanazawa Uni.,                    2Res. and Cont. of Infect. Dis. Project II in Kenya, JICA            266 HIV感染妊娠症例のCD4リンパ球数の推移                    ○白井 輝1,石川 浩史2,安藤 紀子2,高橋 恒男2,萩原 恵里3,石ケ坪 良明3                    1横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター感染医療センター,                    2横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター母子医療センター,                    3横浜市立大学医学部内科学第一講座            267P ザンビア妊産婦のHIV感染に関するKAP調査               −女性の教育・収入との関連、母子感染知識と授乳法選択について                    ○若杉 なおみ1,西山 綾子1,照沼 裕2,Siwale Margaret3,Kankasa Chipeto3,Kasolo Francis3                    1国立国際医療センター研究所,2山梨医科大学医学部,3University Teaching Hospital ZAMBIA           10:40-11:30 ワクチン3                     座長 生田 和良            268 HIV-1 coreceptor, CCR5,の細胞外第2ドメイン由来環状dodecapeptide(cDDR5)の               抗HIV-1活性及びcDDR5に対する単クローン抗体KB8C12の免疫学的諸性質の検討                    ○飯干 高明,中島 玲奈,三隅 将吾,高宗 暢暁,庄司 省三*                    熊本大学薬学部生化学研究室            269 Chemokine receptorを基礎にしたHIV-1 dual tropic ウイルスの感染を防止する              単クローン抗体の調製および性質                    ○中山 大介1,林 辰一郎1,向井 鐐三郎2,橘 圀臣3,梅田 衛3,高宗 暢暁1,三隅 将吾1,庄司 省三*1                    1熊本大学薬学部生化学研究室,2国立感染研,3日水製薬            270 CXCR4の特異的構造を基礎にしたHIV-1 X4ウイルスの感染防御法の開発                    ○遠藤 昌史,三隅 将吾,高宗 暢暁,庄司 省三*                    熊本大学薬学部生化学研究室            271P ヒト化抗HIV-1モノクローナル抗体KD-247のSHIV-C2/1を用いたin vivo薬効評価と               健康成人男性における安全性及び薬物動態の検討                    ○村上 利夫1,網 康至2,吉野 直人3,滝澤 万里3,仲宗根 正3,松下 修三4,江田 康幸1,本多 三男3,前田 敏宏1                    1化学及血清療法研究所,2国立感染症研究所 動物管理室,3国立感染症研究所 エイズ研究センター,                    4熊本大学 エイズ学研究センター            272 多価 CpGモチーフ包含プラスミドの HIV-1 DNAワクチンに対するアジュバント効果の検討                    ○浜島 健治,忻 克勤,篠田 香織,奥田 研爾                    横浜市立大学医学部細菌学           11:30-12:30 抗HIV薬開発                     座長 馬場 昌範            273 A duodenally absorbable CXCR4 antagonist, KRH-1636 , exhibits a potent and selective anti-HIV-1 activity in vivo and in vitro                    ○山本 直樹1,横山 成1,田中 勇悦1,田中 礼子1,広瀬 国孝1,谷中 幹郎1,黒崎 直子3,高久 洋3,                    小柳 義夫1,市山 浩二2                    1東京医科歯科大学大学院,2呉羽化学生物医学研究所,3琉球大沖縄アジア医学研究センター,                    4琉球大学沖縄アジア医学研究センター,5呉羽化学生物医学研究所,6呉羽化学生物医学研究所,                    7千葉工業大学工業化学,8千葉工業大学工業化学,9東北大学医学系大学院,10東京医科歯科大学大学院            274P 新規CCR5 antagonists: spirodiketopiperazine誘導体の抗HIV-1活性の検討                    ○前田 賢次1,吉村 和久1,柴山 史朗2,巾下 広2,多田 秀明2,佐川 健二2,宮川 寿一1,青木 学1,                    福島 大吉2,満屋 裕明1                    1熊本大学医学部免疫病態学・内科学第二,2小野薬品水無瀬総合研究所            275 HIV-1 proteaseの自殺阻害機構に基づくHIV‐1 protease活性二量体形成阻害剤,                 Anti-dimerinの検索                    ○森川 雪美,三隅 将吾,高宗 暢暁,庄司 省三*                    熊本大学薬学部生化学研究室            276 HIV-1プロテアーゼ阻害剤と逆転写酵素阻害剤をエステル結合させた                  新しいプロドラッグの概念の確立                    ○後藤 俊幸1,河野 武弘1,森田 智津子1,谷口 博理1,Sharad Mohan1,松本 光2,木村 徹2,                    木曽 良明2佐野 浩一1                    1大阪医科大学微生物学教室,2京都薬科大学薬品化学教室            277 青紫蘇由来糖蛋白質Pf−gp6はHIVの細胞への吸着を妨げることなく、                  その増殖を可逆的に抑制する                    ○川畑 拓也1,大竹 徹1,森 治代1,小島 洋子1,大石 功1,岡 修一2,佐野 浩一3                    1大阪府立公衆衛生研究所,2生命工学工業技術研究所,3大阪医科大学微生物            278 凍結により発生する高圧のHIV不活化作用                    ○大竹 徹1,川畑 拓也1,森 治代1,小島 洋子1,大石 功1,早川 潔2                    1大阪府立公衆衛生研究所,2京都府中小企業総合センター